9月中旬 棒がけ作業はじまる

IMG_0006

9月中旬、白石・福岡の田んぼも実りの季節を迎え、プロジェクトでは稲刈り第一弾となる木須さん一家の棒がけ作業が始まった。家業の果樹栽培と並行して、昨年までと同様の面積と収量目標で迎えた3年目、プロジェクトの中では成長著しい圃場だった。昨年白石・大平にて棒がけ作業を体験した高校生の助っ人たちも集まり、不安定な気候の中、雨を避けての手作業が進んだ。10月の掛け替え作業を経て、冷たい蔵王おろしで仕上げた自然乾燥米がいよいよ出荷される。

IMG_0026

IMG_0029

IMG_0039

IMG_0040

IMG_0001

IMG_0014

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

9月中旬 棒がけ作業はじまる

9月中旬 棒がけ作業はじまる

9月中旬、白石・福岡の田んぼも実りの季節を迎え、プロジェクトでは稲刈り第一弾となる木須さん一家の棒がけ作業が始まった。家業の果樹栽培と並...

記事を読む

コンバイン2台フル稼働 斎川

コンバイン2台フル稼働 斎川

白石・斎川の畦が真っ赤な彼岸花で縁取られる9月。地域ではまだ稲刈りが本格化していない中、今年もいち早く太齋家が動き出した。刈り取り直前の...

記事を読む

今年も1.8ha分のササニシキ収穫 福岡

今年も1.8ha分のササニシキ収穫 福岡

プロジェクト5年目、一番広い作付面積を管理してきた健一さんが、福岡・原の圃場に着手した。連休続く9月下旬、刈りどきながら先の天候変化や台...

記事を読む

令和2年産ササニシキ刈り取り始まる 白川

令和2年産ササニシキ刈り取り始まる 白川

9月の連休、朝露が消えるのを待って、いよいよ令和2年産のササニシキ刈り取りが始まった。例年なら生産者の中でも終盤に作業に入っていた良夫さ...

記事を読む

刈り取りまで1ヶ月 全圃場生育良好

刈り取りまで1ヶ月 全圃場生育良好

お盆を過ぎても残暑厳しい今夏。半月後には稲刈り時期に突入し、1ヶ月後には今年度産のササニシキがいよいよ収穫される。長雨の梅雨、異常なほど...

記事を読む