梅雨明けぬ7月下旬 生育調査

20-043

例年より長引く梅雨時期。長雨や低温による生育懸念も広がる中、7月下旬、東北南部に集中的に降り続いた大雨。市内もかなりの降水量ではあったが、予定通り出穂前の生育調査が行われた。

「ひとめぼれ」などの品種は出穂時期を迎えつつある宮城県南部。晩期のササニシキは例年通りであれば8月のお盆前には出穂し始める。田植え時期のわずかな違いで幼穂の形成に差はあるものの、現時点では順調に生育が進んでいる状況。毎年ながら天候不安を尻目に、害虫対策や水管理が続く。

20-042

20-04120-044

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

第4回全国ササニシキ系『ささ王』決定戦2020 ササニシキプレミアム5「銀ささ賞」2人受賞

第4回全国ササニシキ系『ささ王』決定戦2020 ササニシキプレミアム5「銀ささ賞」2人受賞

「第4回全国ササニシキ系『ささ王』決定戦2020」にて、出品応募数86点(「ささ結」25点、「ササニシキ」61点)から最終選考会に2人の生産者が...

記事を読む

ササの棒がけ 脱穀、出荷へ

ササの棒がけ 脱穀、出荷へ

9月の棒がけ作業から約1ヶ月。時々に降る秋雨の影響で、自然乾燥させる圃場ではその乾き具合のタイミングを見計って作業が始まった。手間のかか...

記事を読む

9月中旬 棒がけ作業はじまる

9月中旬 棒がけ作業はじまる

9月中旬、白石・福岡の田んぼも実りの季節を迎え、プロジェクトでは稲刈り第一弾となる木須さん一家の棒がけ作業が始まった。家業の果樹栽培と並...

記事を読む

コンバイン2台フル稼働 斎川

コンバイン2台フル稼働 斎川

白石・斎川の畦が真っ赤な彼岸花で縁取られる9月。地域ではまだ稲刈りが本格化していない中、今年もいち早く太齋家が動き出した。刈り取り直前の...

記事を読む

今年も1.8ha分のササニシキ収穫 福岡

今年も1.8ha分のササニシキ収穫 福岡

プロジェクト5年目、一番広い作付面積を管理してきた健一さんが、福岡・原の圃場に着手した。連休続く9月下旬、刈りどきながら先の天候変化や台...

記事を読む