田植え繁忙期の育苗調査

20-011

GWから本格化した田植えの繁忙期、生産者数名が辛うじて集まり、4月後半に播種したササニシキの育苗調査が行われた。ほとんどの生産者が昨年同様の収量を見込んで栽培計画を進め、5月中旬〜下旬にかけて植え付けを予定。他品種の田植えが連日続く中、昨年同様の生産供給に需要が結びつくか、今年は特に懸念材料が多い。全国の生産者が同様の状況にある中で、農産物もまた内需を必要とする。生産者や農産物を応援する各地の取組みが、確実に作り手の力になる。

20-012

20-013

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

令和2年産ササニシキ刈り取り始まる 白川

令和2年産ササニシキ刈り取り始まる 白川

9月の連休、朝露が消えるのを待って、いよいよ令和2年産のササニシキ刈り取りが始まった。例年なら生産者の中でも終盤に作業に入っていた良夫さ...

記事を読む

刈り取りまで1ヶ月 全圃場生育良好

刈り取りまで1ヶ月 全圃場生育良好

お盆を過ぎても残暑厳しい今夏。半月後には稲刈り時期に突入し、1ヶ月後には今年度産のササニシキがいよいよ収穫される。長雨の梅雨、異常なほど...

記事を読む

立秋 出穂期を迎えたササニシキ

立秋 出穂期を迎えたササニシキ

白石・大平 白石・福岡 白石・白川

記事を読む

梅雨明けぬ7月下旬 生育調査

梅雨明けぬ7月下旬 生育調査

例年より長引く梅雨時期。長雨や低温による生育懸念も広がる中、7月下旬、東北南部に集中的に降り続いた大雨。市内もかなりの降水量ではあったが...

記事を読む

長引く梅雨 わずかな晴れ間に 白川

長引く梅雨 わずかな晴れ間に 白川

曇天に長々と降る梅雨の中、草刈りや水管理、溝切りを進める生産者たち。あと1ヶ月以内には出穂の時期を迎える大切な時期、苗はさらにぐんと伸び...

記事を読む