黄金色のササニシキ 福岡、大平にて

2O8A0571

彼岸の入り、プロジェクト参加二年目の木須さん(白石・福岡)と古山さん(白石・大平)の圃場で刈り取り作業が進められた。週末の台風予報を警戒しながら、親子三代で今年もいつものように棒がけ作業に取りかかる木須さん一家。隣の水田には先日作業を終えたというひとめぼれの棒がけが見事に並んでいた。プロジェクトの生産者をサポートする農林課の助っ人たちが集合し、木須さんはバインダーで黄金色のササを刈り取り始めた。

好天に恵まれた同日、大平の古山さんも圃場にコンバインを入れた。ぬかるむ圃場、慎重に機械を進める中、東北・宮城のササニシキに注目した週刊誌の取材にも対応してくれた。

秋晴れの乾いた空気に棒がけの乾燥も進む。晩秋、蔵王おろしが仕上げた自然乾燥米が今年も店頭に並ぶ予定だ。

2O8A0542

2O8A0638

2O8A0624

2O8A0596

2O8A0606

2O8A0608

22IMG_2150

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

家族の心意気、実る秋 自然乾燥米第一弾 いよいよ出荷へ 白石・福岡

家族の心意気、実る秋 自然乾燥米第一弾 いよいよ出荷へ 白石・福岡

例年より生産者の動きが早い今秋。毎週やってくる台風情報を気にしながら、収穫を急ぐ農産物の現場。棒がけ後は乾いた秋晴れが続き、しっかり乾い...

記事を読む

連日の秋晴れ 1.8ha刈取り開始 白石・福岡

連日の秋晴れ 1.8ha刈取り開始 白石・福岡

晴天続く9月最終週、プロジェクトで一番栽培面積の多い鈴木さんが福岡・原の圃場へ。黄金色の稲穂が揺れる田園地帯、夕方前の輝く光景は秋の風物...

記事を読む

伝える世代、知る世代 白石・大平で棒がけ作業

伝える世代、知る世代 白石・大平で棒がけ作業

ササニシキを作った世代、ササニシキを食べて育った世代、そして平成〜令和の時代にササニシキを知った10代の3世代が集まり、白石・大平で棒が...

記事を読む

黄金色のササニシキ 福岡、大平にて

黄金色のササニシキ 福岡、大平にて

彼岸の入り、プロジェクト参加二年目の木須さん(白石・福岡)と古山さん(白石・大平)の圃場で刈り取り作業が進められた。週末の台風予報を警戒...

記事を読む

令和元年産ササニシキ 刈り取り始まる 斎川

令和元年産ササニシキ 刈り取り始まる 斎川

週末には台風の予報も出ていた9月中旬、令和元年産ササニシキの稲刈りがいよいよ始まる。プロジェクト四年目、今年も先手を切った斎川の太齋さん...

記事を読む