令和元年産ササニシキ 刈り取り始まる 斎川

1909-01-02

週末には台風の予報も出ていた9月中旬、令和元年産ササニシキの稲刈りがいよいよ始まる。プロジェクト四年目、今年も先手を切った斎川の太齋さん。旧斎川小学校前の圃場約1ヘクタール分、父親とコンバイン2台をフル稼働させて日が暮れるまで刈り取りが続けられた。
長い梅雨の後で、一気に気温が上がった猛暑。今年も予測以上に厳しい気候条件だった。

市内でも数少ないであろう大規模生産者、次から次へと圃場を巡り作業する中で、都度の判断が圃場の出来を左右させる。巨大な乾燥機を何台も動かしながら、籾摺りしたササニシキの出来を厳しめに話す雄一さん。助っ人たちにサポートされながら、怒濤の繁忙期に突入した。

1909-01-03

1909-01-01

1909-01-04

1909-01-05

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

家族の心意気、実る秋 自然乾燥米第一弾 いよいよ出荷へ 白石・福岡

家族の心意気、実る秋 自然乾燥米第一弾 いよいよ出荷へ 白石・福岡

例年より生産者の動きが早い今秋。毎週やってくる台風情報を気にしながら、収穫を急ぐ農産物の現場。棒がけ後は乾いた秋晴れが続き、しっかり乾い...

記事を読む

連日の秋晴れ 1.8ha刈取り開始 白石・福岡

連日の秋晴れ 1.8ha刈取り開始 白石・福岡

晴天続く9月最終週、プロジェクトで一番栽培面積の多い鈴木さんが福岡・原の圃場へ。黄金色の稲穂が揺れる田園地帯、夕方前の輝く光景は秋の風物...

記事を読む

伝える世代、知る世代 白石・大平で棒がけ作業

伝える世代、知る世代 白石・大平で棒がけ作業

ササニシキを作った世代、ササニシキを食べて育った世代、そして平成〜令和の時代にササニシキを知った10代の3世代が集まり、白石・大平で棒が...

記事を読む

黄金色のササニシキ 福岡、大平にて

黄金色のササニシキ 福岡、大平にて

彼岸の入り、プロジェクト参加二年目の木須さん(白石・福岡)と古山さん(白石・大平)の圃場で刈り取り作業が進められた。週末の台風予報を警戒...

記事を読む

令和元年産ササニシキ 刈り取り始まる 斎川

令和元年産ササニシキ 刈り取り始まる 斎川

週末には台風の予報も出ていた9月中旬、令和元年産ササニシキの稲刈りがいよいよ始まる。プロジェクト四年目、今年も先手を切った斎川の太齋さん...

記事を読む