7月 雨を避けての作業 斎川

_MG_0173

梅雨に入り曇天が続き、少し肌寒い7月上旬。斎川の水田に圃場を見て回る太齋さん夫婦の姿。水管理を確認しながら、ササニシキの溝切り作業に取りかかった。

生産者の中でも広大な管理面積を抱える生産者、やっと電動の溝きり用機械を購入したとのこと。新品ながら今シーズン既にだいぶ使い込んだような形跡。この溝きり作業で秋の収穫作業の段取りが格段に良くなることを見極め、購入に踏み切った。

傍らでは今年も奥さんが作業のフォローに。畦に上がれば漫才のように会話が弾み、子育て真っ只中の苦労話もこぼれる。どんなに両親が忙しくても、その姿を見てたくましく育っている子供たちの様子が目に浮かぶ。自然や土に触れ、家族で過ごすことがごく当たり前の地域。人も農作物も同じ。甘やかされず、時に厳しくも、正しく手をかけているからこそ、生きる力が育っている。

_MG_0208

_MG_0195

_MG_0192

_MG_0179

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

収穫と災害の後片付け 福岡

収穫と災害の後片付け 福岡

穏やかな陽気が続いた12月上旬。圃場から場所を変えて、冬季限定の別仕事に取りかかる生産者たち。リンゴの出荷や牛の世話に追われる生産者たち...

記事を読む

12/13発売「週刊金曜日」にてご紹介いただきました

12/13発売「週刊金曜日」にてご紹介いただきました

12月13日(金)発売の「週刊金曜日」、フォトジャーナリスト木村聡さん取材・編集(見開き2ページ)「ササニシキはなぜ消えた」にて、収穫期...

記事を読む

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む