りんご結実 親子三代の田植え作業

azekaeru1905-2-2

白石市福岡、果樹栽培を営む木須さん一家の田植えが始まる。お父さん、敏文さん、息子さんの親子三代に、今年は初々しい娘婿さんも参加。昨年同様の圃場に育苗箱が並んだ。

プロジェクト参加の平成30年、収量、食味ともに好感触だったササニシキは、棒がけの自然乾燥米として出荷された。今年も育苗は休耕田で、自然体。暑さが早まる中、順調に生育した。

azekaeru1905-2-1

親子三代が流れるように手際よく作業する。機械の入れ方、作業の進め方は生産者それぞれで微妙に異なる。隅々までぬかりなく、敏文さんは丁寧に確実に機械を動かしていた。

春の受粉作業を終えて、結実したりんご。田植えが終われば、小さく実った果実の摘果作業が待っている。丁寧に手作業で摘んでいく、ひたすら地道な作業だ。

圃場の角の空いた場所に、手植えしていくお父さん。田植えが終わりを迎える頃、田を潤す水が勢いよく引き込まれた。一つ一つ丁寧に扱うことが秋の収穫をもたらすことを、木須さん親子は見せてくれる。親子四代でのにぎやかな毎日。農家は大家族の方がいいと、笑顔で畦に上がった。

azekaeru1905-2-3

azekaeru1905-2-4

azekaeru1905-2-5

azekaeru1905-2-6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

収穫と災害の後片付け 福岡

収穫と災害の後片付け 福岡

穏やかな陽気が続いた12月上旬。圃場から場所を変えて、冬季限定の別仕事に取りかかる生産者たち。リンゴの出荷や牛の世話に追われる生産者たち...

記事を読む

12/13発売「週刊金曜日」にてご紹介いただきました

12/13発売「週刊金曜日」にてご紹介いただきました

12月13日(金)発売の「週刊金曜日」、フォトジャーナリスト木村聡さん取材・編集(見開き2ページ)「ササニシキはなぜ消えた」にて、収穫期...

記事を読む

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む