田植え機2台 日が沈むまでフル稼働 斎川

_MG_0247

山並の新緑も鮮やかな五月中旬。白石・斎川の畔道も農作業の車両が行き交い賑やかに。大規模生産者の太斎さん一家の田植え、男手五人が集結して朝から始まった。まずは頼まれている別品種の田んぼで機械を動かす雄一さん。二枚だった圃場を太斎さんに一枚にしてもらったんだと、安心した様子で依頼主が田植えを見守る。

太斎さん一家に水田管理を依頼する地区の住民は数多い。数年前はたしか20ヘクタール以上と話していた管理面積、改めて聞くとその数は倍ほどに拡大していた。一体どれだけの苗箱を準備してこの繁忙期に突入したのか。その数なんと5,000箱以上。怒涛の種蒔き作業、田植え、休む暇もない。

_MG_0254

旧斎川小学校前の圃場まで、北から南に向かって進めた田植え作業。機械2台がフル稼働しても、日が傾くまで続けられた。天気を見てこの作業がほぼ毎日続けられている太斎家。毎年手伝うおじさん達の手際良いフォロー。連続した圃場、山あいの圃場、並みの作業ではない。

日が陰り始め、晴れの割には気温が低かった斎川がさらに肌寒く感じた。ササニシキに手応えを感じている雄一さん。敬遠されがちな栽培のコツを掴んだのか、さらに前向きな米づくりを語っていた。「親父に教わったことをやっているだけ」それが一番確実なことを、雄一さん本人は実感しているのだろう。地域の農業を支える大事な後継者、地域の宮司さんが感心して褒めていたと伝えた。見えない仕事こそ、見てくれている人が沢山いる。

_MG_0218

_MG_0215

_MG_0183

_MG_0232

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

待ちに待った暑さ 白川

待ちに待った暑さ 白川

連日30度超えの7月下旬、出穂を前に稲作には待ちわびた暑さが続く。照りつける日射しを避けて、早朝に作業を進める生産者たち。それでも追いつ...

記事を読む

7月下旬 生育調査

7月下旬 生育調査

県内全域で日照不足が懸念される7月下旬、生産者7人が参加して今月も生育調査が行われた。県南部ではまもなく出穂を迎える時期。いもち病の不安...

記事を読む

短い日照時間 一瞬の晴れ間に 福岡

短い日照時間 一瞬の晴れ間に 福岡

例年よりも低い気温と日照不足が続く7月中旬。湿った空気とどんよりとした蔵王山麓に久しぶりの日が差した。田植えが遅いササニシキの生育にそれ...

記事を読む

7月 雨を避けての作業 斎川

7月 雨を避けての作業 斎川

梅雨に入り曇天が続き、少し肌寒い7月上旬。斎川の水田に圃場を見て回る太齋さん夫婦の姿。水管理を確認しながら、ササニシキの溝切り作業に取り...

記事を読む

梅雨6月 生育調査

梅雨6月 生育調査

田植え期から1ヶ月経過した6月下旬、圃場を巡回してササの生育調査が行われた。初年度からの生産者5人の圃場にて、草丈、茎数、葉色を調べてい...

記事を読む