立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

_MG_0017

_MG_0028 3のコピー2

朝晩一段と冷え込んできた立冬。越河の棒がけも十分乾き、プロジェクト今年最後の脱穀作業へ。柿がたわわに実り、近くの沼には白鳥が飛来する季節。稲刈りシーズンをほぼ終えた越河の県境に、今年も重雄さんの丁寧な手作業が整然と並び、圧巻の風景が広がっている。自然乾燥米第三弾、まもなく出荷へ。白石産ササニシキ、生産者9人が無事収穫できた2018年となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

7月 雨を避けての作業 斎川

7月 雨を避けての作業 斎川

梅雨に入り曇天が続き、少し肌寒い7月上旬。斎川の水田に圃場を見て回る太齋さん夫婦の姿。水管理を確認しながら、ササニシキの溝切り作業に取り...

記事を読む

梅雨6月 生育調査

梅雨6月 生育調査

田植え期から1ヶ月経過した6月下旬、圃場を巡回してササの生育調査が行われた。初年度からの生産者5人の圃場にて、草丈、茎数、葉色を調べてい...

記事を読む

天候と腕と探究心 白川

天候と腕と探究心 白川

早々から始まった田植えもほぼ終わった白石・白川地区。水田に今年もカモメの姿。きれいに草刈りされた畦道に、土手のシシウドが今年も映えるよう...

記事を読む

仲間と旨い米を追う4年目のプロジェクト 大平

仲間と旨い米を追う4年目のプロジェクト 大平

5月下旬、30度を超える予想気温の週末。大平の贇(ただし)さんが田植えの準備に取り掛かった。昨年から就農して家業を支える息子さんと、旧知...

記事を読む

高温の5月下旬 福岡

高温の5月下旬 福岡

朝から照りつける強い陽射し。まだ5月というのに異常な暑さ。ほとんどの水田で田植えを終えた福岡・原地区、望む蔵王連峰の残雪も日に日に少なく...

記事を読む