立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

_MG_0017

_MG_0028 3のコピー2

朝晩一段と冷え込んできた立冬。越河の棒がけも十分乾き、プロジェクト今年最後の脱穀作業へ。柿がたわわに実り、近くの沼には白鳥が飛来する季節。稲刈りシーズンをほぼ終えた越河の県境に、今年も重雄さんの丁寧な手作業が整然と並び、圧巻の風景が広がっている。自然乾燥米第三弾、まもなく出荷へ。白石産ササニシキ、生産者9人が無事収穫できた2018年となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む

10月初旬 稲刈り後半 白川

10月初旬 稲刈り後半 白川

毎週懸念される台風予報。長く続いた夏の低温は、刈り取ってみれば少なからず影響を与えていた。慎重に、確実に試行錯誤しながら秋を迎えた生産者...

記事を読む

家族の心意気、実る秋 自然乾燥米第一弾 いよいよ出荷へ 白石・福岡

家族の心意気、実る秋 自然乾燥米第一弾 いよいよ出荷へ 白石・福岡

例年より生産者の動きが早い今秋。毎週やってくる台風情報を気にしながら、収穫を急ぐ農産物の現場。棒がけ後は乾いた秋晴れが続き、しっかり乾い...

記事を読む