晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

_MG_0033蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その風の影響は果樹園に及び、家族で手塩にかけて育てたりんごの被害に胸を痛めた秋だった。10月末、白石福岡長袋の水田地帯に、棒がけの圃場が飛び込んでくる。木須さん一家が手がける自然乾燥米が、晩秋の冷たい風にさらされ、脱穀を待っていた。

息子さん、敏文さん、お父さんの3代で今年も迎えた収穫の秋。秋雨とにらめっこしながら、水分計でそのタイミングを見計らっていた。やっとやっとの脱穀、手作業ゆえ尚更左右される作業スケジュール。この日も家族4人で黙々と脱穀作業を進めた。

強風に耐えたりんごたちもいっそう色付き、甘みをさらに増して出荷時期を迎えている。息子さんが就農した頃に植えた小さな木にも、一段と赤いりんごが重そうに実っていた。白石・大平産の自然乾燥米に続きいよいよプロジェクト初出荷。生産者の心意気が詰まったササニシキの自然乾燥米が誕生する。

_MG_0045

_MG_0018

_MG_0023

_MG_0073

_MG_0059

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

待ちに待った暑さ 白川

待ちに待った暑さ 白川

連日30度超えの7月下旬、出穂を前に稲作には待ちわびた暑さが続く。照りつける日射しを避けて、早朝に作業を進める生産者たち。それでも追いつ...

記事を読む

7月下旬 生育調査

7月下旬 生育調査

県内全域で日照不足が懸念される7月下旬、生産者7人が参加して今月も生育調査が行われた。県南部ではまもなく出穂を迎える時期。いもち病の不安...

記事を読む

短い日照時間 一瞬の晴れ間に 福岡

短い日照時間 一瞬の晴れ間に 福岡

例年よりも低い気温と日照不足が続く7月中旬。湿った空気とどんよりとした蔵王山麓に久しぶりの日が差した。田植えが遅いササニシキの生育にそれ...

記事を読む

7月 雨を避けての作業 斎川

7月 雨を避けての作業 斎川

梅雨に入り曇天が続き、少し肌寒い7月上旬。斎川の水田に圃場を見て回る太齋さん夫婦の姿。水管理を確認しながら、ササニシキの溝切り作業に取り...

記事を読む

梅雨6月 生育調査

梅雨6月 生育調査

田植え期から1ヶ月経過した6月下旬、圃場を巡回してササの生育調査が行われた。初年度からの生産者5人の圃場にて、草丈、茎数、葉色を調べてい...

記事を読む