晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

_MG_0033蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その風の影響は果樹園に及び、家族で手塩にかけて育てたりんごの被害に胸を痛めた秋だった。10月末、白石福岡長袋の水田地帯に、棒がけの圃場が飛び込んでくる。木須さん一家が手がける自然乾燥米が、晩秋の冷たい風にさらされ、脱穀を待っていた。

息子さん、敏文さん、お父さんの3代で今年も迎えた収穫の秋。秋雨とにらめっこしながら、水分計でそのタイミングを見計らっていた。やっとやっとの脱穀、手作業ゆえ尚更左右される作業スケジュール。この日も家族4人で黙々と脱穀作業を進めた。

強風に耐えたりんごたちもいっそう色付き、甘みをさらに増して出荷時期を迎えている。息子さんが就農した頃に植えた小さな木にも、一段と赤いりんごが重そうに実っていた。白石・大平産の自然乾燥米に続きいよいよプロジェクト初出荷。生産者の心意気が詰まったササニシキの自然乾燥米が誕生する。

_MG_0045

_MG_0018

_MG_0023

_MG_0073

_MG_0059

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

天候と腕と探究心 白川

天候と腕と探究心 白川

早々から始まった田植えもほぼ終わった白石・白川地区。水田に今年もカモメの姿。きれいに草刈りされた畦道に、土手のシシウドが今年も映えるよう...

記事を読む

仲間と旨い米を追う4年目のプロジェクト 大平

仲間と旨い米を追う4年目のプロジェクト 大平

5月下旬、30度を超える予想気温の週末。大平の贇(ただし)さんが田植えの準備に取り掛かった。昨年から就農して家業を支える息子さんと、旧知...

記事を読む

高温の5月下旬 福岡

高温の5月下旬 福岡

朝から照りつける強い陽射し。まだ5月というのに異常な暑さ。ほとんどの水田で田植えを終えた福岡・原地区、望む蔵王連峰の残雪も日に日に少なく...

記事を読む

りんご結実 親子三代の田植え作業

りんご結実 親子三代の田植え作業

白石市福岡、果樹栽培を営む木須さん一家の田植えが始まる。お父さん、敏文さん、息子さんの親子三代に、今年は初々しい娘婿さんも参加。昨年同様...

記事を読む

田植え機2台 日が沈むまでフル稼働 斎川

田植え機2台 日が沈むまでフル稼働 斎川

山並の新緑も鮮やかな五月中旬。白石・斎川の畔道も農作業の車両が行き交い賑やかに。大規模生産者の太斎さん一家の田植え、男手五人が集結して朝...

記事を読む