まったなしの繁忙期突入 斎川

_MG_0032

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐるしい毎日を察してしまう。今年もプロジェクトで一番早くに田植えに取り掛かったが、秋雨との調整でタイトなスケジュールも思い通りにはいかない。9月下旬、大きなコンバイン2台でのササ刈り取りが始まった。

_MG_0043

刈り取り、乾燥、籾摺り、怒涛のように連日続く作業。コンバイン、乾燥機、あらゆる設備とその数は他の生産者とは比べものにならない。以前聞いた際には20ヘクタール以上と話していた管理圃場。太齋家の米づくりに託す地域の人々にとっても、待ちに待った秋の実りだが、現場に余裕はない。次から次へ作業を回すために、家族や助っ人との短時間でのコミュニケーションが物を言う。まだ譲れない父親に冷静に対処しながらも、取り持つ家族たちも気配りしながらの繁忙期。疲れのせいかちょっと険しい表情の雄一さんだったが、地域の人々にとっても家族にとっても、体を大事に仕事してほしい存在だ。一昨年新調したはずのコンバインも年季が入ったよう。母校に子供たちの姿はないが、家に帰れば斎川の美味しいご飯が待っている。

28_MG_0034 2

_MG_0053

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

待ちに待った暑さ 白川

待ちに待った暑さ 白川

連日30度超えの7月下旬、出穂を前に稲作には待ちわびた暑さが続く。照りつける日射しを避けて、早朝に作業を進める生産者たち。それでも追いつ...

記事を読む

7月下旬 生育調査

7月下旬 生育調査

県内全域で日照不足が懸念される7月下旬、生産者7人が参加して今月も生育調査が行われた。県南部ではまもなく出穂を迎える時期。いもち病の不安...

記事を読む

短い日照時間 一瞬の晴れ間に 福岡

短い日照時間 一瞬の晴れ間に 福岡

例年よりも低い気温と日照不足が続く7月中旬。湿った空気とどんよりとした蔵王山麓に久しぶりの日が差した。田植えが遅いササニシキの生育にそれ...

記事を読む

7月 雨を避けての作業 斎川

7月 雨を避けての作業 斎川

梅雨に入り曇天が続き、少し肌寒い7月上旬。斎川の水田に圃場を見て回る太齋さん夫婦の姿。水管理を確認しながら、ササニシキの溝切り作業に取り...

記事を読む

梅雨6月 生育調査

梅雨6月 生育調査

田植え期から1ヶ月経過した6月下旬、圃場を巡回してササの生育調査が行われた。初年度からの生産者5人の圃場にて、草丈、茎数、葉色を調べてい...

記事を読む