りんご実る秋 木須一家の棒がけ作業

_MG_0158

福岡・長袋で果樹園を営む木須さん一家。親子三代で果樹栽培と稲作、野菜づくりに励んでいる。今年の米づくりが始まる時期、秋の棒がけ作業が大変だと話していた木須さん。同時に本業のりんごは収穫時期を迎える。西に蔵王連峰、北には標高800m程の青麻山を眺める一帯。秋のおろしが作物を仕上げ、時に強風となる水田地帯だ。

_MG_0163

「機械がないからうちは手作業で」代々そうしてきた農作業。実りを迎えたササの圃場には見事なまでに雑草がない。「じいちゃんは昔のやり方、一本一本抜いて除草してたから」と、祖父と父を支える孫息子さんが話していた。水管理、除草……暑さの中水田を見て回り手をかけたお父さんの姿が目に浮かぶようだった。果樹栽培にとっても猛暑の作業は一苦労したに違いない。

プロジェクトでは大平の贇(ただし)さんと越河の重雄さんが三度目の棒がけ作業を進める。二人にとっても、木須さんの参加は頼もしくて心強い。午前中、大平にて作業していた助っ人たちが合流し、約30アールのササは一日がかりで棒がけ作業が完了した。高さのある棒がけ、もさもさ感はどこか愛らしい。圧巻の秋の風物詩、木須さん一家の手仕事を物語っている光景が広がった。実り始めたりんごの甘さに、丁寧に育てられた新米への期待も膨らんだ。

_MG_0155

_MG_0170

_MG_0179

_MG_0182

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

朝晩一段と冷え込んできた立冬。越河の棒がけも十分乾き、プロジェクト今年最後の脱穀作業へ。柿がたわわに実り、近くの沼には白鳥が飛来...

記事を読む

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その...

記事を読む

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

昨年までコンバインを持ち込んで棒がけの脱穀をしていた贇(ただし)さん。相棒のお父さんが使って欲しいとバインダーを提供し、息子さんと3人で...

記事を読む

10月 白川・良夫さんの稲刈り

10月 白川・良夫さんの稲刈り

プロジェクト3年目、刈り取りのタイミングを見計らっていた良夫さん。例年よりも成長著しかった今年、台風による強風もあって若干なびいた稲だが...

記事を読む

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む