畦かえるsnap 果樹園 りんごの摘果作業

_MG_0055 2

連日猛暑が続く7月下旬、今年からプロジェクトに参加している木須さんの果樹園へ。水田の苗が出穂の準備を迎えているこの時期、果樹園では日中の暑さを避けて摘果作業が続いていました。この日は40年以上の木にたわわに実り始めた「ふじ」の畑。この数週間まとまった降雨がないため、本来内側に閉じ気味のりんごの葉も開き気味といいます。

_MG_0068

受粉して結実したばかりのりんごの赤ちゃんを摘果する時期から2度目の摘果時期に。春に摘果したりんごの実をさらに手作業で摘んでいきます。2ヘクタールある木須果樹園、連日家族総出で手間のかかる作業が続けられます。素人目には、せっかく実った青々としたりんごを摘んでしまうのはもったいないような摘果作業。素早い作業とはいえ、これから熟していくりんごの成長を予測して残すという長年の経験や技術が見えました。徒長枝切りも同時進行しながら、一本の木に600~800の果実を残し成長させる大事な作業。すべては手作業、機械ではできないからねと、ハシゴを動かし登ったり降りたり……。現在の摘果作業が一段落する頃、水田のササニシキは出穂時期を迎えそうです。

_MG_0071

_MG_0091

_MG_0046

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

収穫と災害の後片付け 福岡

収穫と災害の後片付け 福岡

穏やかな陽気が続いた12月上旬。圃場から場所を変えて、冬季限定の別仕事に取りかかる生産者たち。リンゴの出荷や牛の世話に追われる生産者たち...

記事を読む

12/13発売「週刊金曜日」にてご紹介いただきました

12/13発売「週刊金曜日」にてご紹介いただきました

12月13日(金)発売の「週刊金曜日」、フォトジャーナリスト木村聡さん取材・編集(見開き2ページ)「ササニシキはなぜ消えた」にて、収穫期...

記事を読む

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む