畦かえるsnap 果樹園 りんごの摘果作業

_MG_0055 2

連日猛暑が続く7月下旬、今年からプロジェクトに参加している木須さんの果樹園へ。水田の苗が出穂の準備を迎えているこの時期、果樹園では日中の暑さを避けて摘果作業が続いていました。この日は40年以上の木にたわわに実り始めた「ふじ」の畑。この数週間まとまった降雨がないため、本来内側に閉じ気味のりんごの葉も開き気味といいます。

_MG_0068

受粉して結実したばかりのりんごの赤ちゃんを摘果する時期から2度目の摘果時期に。春に摘果したりんごの実をさらに手作業で摘んでいきます。2ヘクタールある木須果樹園、連日家族総出で手間のかかる作業が続けられます。素人目には、せっかく実った青々としたりんごを摘んでしまうのはもったいないような摘果作業。素早い作業とはいえ、これから熟していくりんごの成長を予測して残すという長年の経験や技術が見えました。徒長枝切りも同時進行しながら、一本の木に600~800の果実を残し成長させる大事な作業。すべては手作業、機械ではできないからねと、ハシゴを動かし登ったり降りたり……。現在の摘果作業が一段落する頃、水田のササニシキは出穂時期を迎えそうです。

_MG_0071

_MG_0091

_MG_0046

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

朝晩一段と冷え込んできた立冬。越河の棒がけも十分乾き、プロジェクト今年最後の脱穀作業へ。柿がたわわに実り、近くの沼には白鳥が飛来...

記事を読む

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その...

記事を読む

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

昨年までコンバインを持ち込んで棒がけの脱穀をしていた贇(ただし)さん。相棒のお父さんが使って欲しいとバインダーを提供し、息子さんと3人で...

記事を読む

10月 白川・良夫さんの稲刈り

10月 白川・良夫さんの稲刈り

プロジェクト3年目、刈り取りのタイミングを見計らっていた良夫さん。例年よりも成長著しかった今年、台風による強風もあって若干なびいた稲だが...

記事を読む

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む