畦かえるsnap 果樹園 りんごの摘果作業

_MG_0055 2

連日猛暑が続く7月下旬、今年からプロジェクトに参加している木須さんの果樹園へ。水田の苗が出穂の準備を迎えているこの時期、果樹園では日中の暑さを避けて摘果作業が続いていました。この日は40年以上の木にたわわに実り始めた「ふじ」の畑。この数週間まとまった降雨がないため、本来内側に閉じ気味のりんごの葉も開き気味といいます。

_MG_0068

受粉して結実したばかりのりんごの赤ちゃんを摘果する時期から2度目の摘果時期に。春に摘果したりんごの実をさらに手作業で摘んでいきます。2ヘクタールある木須果樹園、連日家族総出で手間のかかる作業が続けられます。素人目には、せっかく実った青々としたりんごを摘んでしまうのはもったいないような摘果作業。素早い作業とはいえ、これから熟していくりんごの成長を予測して残すという長年の経験や技術が見えました。徒長枝切りも同時進行しながら、一本の木に600~800の果実を残し成長させる大事な作業。すべては手作業、機械ではできないからねと、ハシゴを動かし登ったり降りたり……。現在の摘果作業が一段落する頃、水田のササニシキは出穂時期を迎えそうです。

_MG_0071

_MG_0091

_MG_0046

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む

畜産と循環する米づくり 夫婦初めてのササ収穫へ

畜産と循環する米づくり 夫婦初めてのササ収穫へ

西に鉢森山、蔵王連峰、青麻山を望む大平地区。秋ともなれば一面黄金色の田園地帯、古山さんの稲刈りが始まる。早かった田植え、猛暑の夏を乗り切...

記事を読む

籾摺り 新米に手応え

籾摺り 新米に手応え

秋雨を避けて連日続く稲刈り作業。何十年も使ってきた納屋は、息子も作業しやすいようにと効率的に整理され、籾摺り機械と袋詰めされる新...

記事を読む

秋晴れ いよいよ刈り取り開始 福岡

秋晴れ いよいよ刈り取り開始 福岡

「白露」の季節、朝露が消えるのを待って、前日刈り取った分の籾すり作業、次の稲刈り準備をする生産者たち。絶好の秋晴れ、白石・福岡の健一さん...

記事を読む

りんご実る秋 木須一家の棒がけ作業

りんご実る秋 木須一家の棒がけ作業

福岡・長袋で果樹園を営む木須さん一家。親子三代で果樹栽培と稲作、野菜づくりに励んでいる。今年の米づくりが始まる時期、秋の棒がけ作業が大変...

記事を読む