春夏秋冬の料理に地場産ササニシキを 鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋

_MG_0239のコピー

創業は元禄元年(1688)。以来、源泉かけ流しの濁り湯で多くの客をもてなし続けてきた木村屋さん。豊富な褐色の湯は長きに渡り薬湯と親しまれ、現在はペットと宿泊できる宿としてもご予約の多い老舗旅館です。

米プロジェクトがスタートした平成28年秋の収穫を機に、朝夕の食事には炊きたての白石産ササニシキをご提供いただき現在に。一日がはじまる朝には真っ白なご飯を、夕食には季節の食材を盛り込んだ釜めしを皆さんへ。懐かしいササニシキの味に、口に入れた瞬間にわかるお客様もいらっしゃるとのこと。旬と地場産を生かした料理に、朝と夕、365日ササニシキが添えられ、好評いただいているとのことです。

_MG_0231のコピー

地場産のササニシキが朝夕喜ばれていると話す木村屋十四代目の木村孝さん。

_MG_03242

夕食にはササニシキの釜めしを提供。写真は白米のササニシキ。

_DSC1140_1

_MG_0275

ペット同伴で宿泊できる貴重な宿。ロビーで看板猫のあずきちゃんが出迎えてくれる。

鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋

宮城県白石市福岡蔵本鎌先1-51

0224-26-2161

http://www.kimurayaryokan.co.jp

駐車場 40台(駐車料金 無料)

日帰り入浴:11:00~15:00(土曜・休前日は混雑が予想されるため14:00閉館の場合あり)

男女別内風呂、男女別露天風呂

泉質/硫酸塩泉、塩化物泉

入浴料 500円(カード利用不可)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

朝晩一段と冷え込んできた立冬。越河の棒がけも十分乾き、プロジェクト今年最後の脱穀作業へ。柿がたわわに実り、近くの沼には白鳥が飛来...

記事を読む

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その...

記事を読む

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

昨年までコンバインを持ち込んで棒がけの脱穀をしていた贇(ただし)さん。相棒のお父さんが使って欲しいとバインダーを提供し、息子さんと3人で...

記事を読む

10月 白川・良夫さんの稲刈り

10月 白川・良夫さんの稲刈り

プロジェクト3年目、刈り取りのタイミングを見計らっていた良夫さん。例年よりも成長著しかった今年、台風による強風もあって若干なびいた稲だが...

記事を読む

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む