畦かえるsnap 第23回仙南地域和牛共進会

_MG_0012

朝から強い陽射しが照りつける6月下旬、プロジェクトの古山さんが参加する和牛共進会会場へ。父牛に宮城県有種雄牛をもつ黒毛和牛40頭余りがずらりと並び、仙南地域の畜産農家がその審査前最後の手入れ作業に追われていました。

雌牛たちが集まった仙南畜産事業所特設会場も気温がぐんぐん上昇。白石からは第1区(若雌の1)2頭、第2区(若雌の2)2頭、第3区(経産)5頭の全9頭が出場。家畜業を営む古山さんも第3区に参加。仲間の牛たちのブラッシングや艶出し、蹄の手入れに汗をかく姿が印象的でした。

体つき、毛並み、肉つき……和牛の美人さんを見極める審査員たち。いつもと違う状況に落ち着かない牛たちをなだめる生産者たち。猛暑の中審査が進んで行きます。合間の審査講習には、地元の柴田農林高校の生徒たちや畜産農家のお母さん方も参加し、限られた時間内でそれぞれの牛を評価していました。

宮城の和牛業界を支える仙南地域の生産者たち。以前より飼育農家も減少する中、貴重な若い世代がつなぐ畜産の現場。尊い命と生産者の日常を垣間みる機会となりました。

_MG_0010

_MG_0030

_MG_0047

_MG_0024

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

朝晩一段と冷え込んできた立冬。越河の棒がけも十分乾き、プロジェクト今年最後の脱穀作業へ。柿がたわわに実り、近くの沼には白鳥が飛来...

記事を読む

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その...

記事を読む

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

昨年までコンバインを持ち込んで棒がけの脱穀をしていた贇(ただし)さん。相棒のお父さんが使って欲しいとバインダーを提供し、息子さんと3人で...

記事を読む

10月 白川・良夫さんの稲刈り

10月 白川・良夫さんの稲刈り

プロジェクト3年目、刈り取りのタイミングを見計らっていた良夫さん。例年よりも成長著しかった今年、台風による強風もあって若干なびいた稲だが...

記事を読む

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む