家族の手伝いあって 福岡

_MG_0139

他の品種の播種作業を先に、晩期栽培ながら「いつもより作業が早い」とササニシキの育苗を始めた健一さん。今年も暑い4月下旬、いつもの仲間に遠くに住む兄弟や家族が加わり、育苗の準備を進めた。

_MG_0128

_MG_0156

ササの育苗箱、250枚ほど。全品種合わせると2800枚を超えるという。今年約20ヘクタールもの水田を管理する健一さんの体を、毎年手伝うという娘さんも気にかけている。

ササニシキはハウスを作らず地温で生育させる健一さん。育苗箱を並べるにも隙間なく無駄なく、効率よくまかなえるよう丁寧に作業する。今年も遠くに住んでいる弟さんが手伝いにやってきた。「背格好似てるでしょう」と娘さん。いつも圃場では一人黙々と作業する姿に、今日は兄貴として、父として笑顔もこぼれる健一さんの姿を見た。陽気が続き、いつもより早く伸びた他品種の苗。朝から晩まで圃場を駆け回る繁忙期に入る。

_MG_0183

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

春夏秋冬の料理に地場産ササニシキを 鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋

春夏秋冬の料理に地場産ササニシキを 鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋

創業は元禄元年(1688)。以来、源泉かけ流しの濁り湯で多くの客をもてなし続けてきた木村屋さん。豊富な褐色の湯は長きに渡り薬湯と親しまれ...

記事を読む

畦かえるsnap 第23回仙南地域和牛共進会

畦かえるsnap 第23回仙南地域和牛共進会

朝から強い陽射しが照りつける6月下旬、プロジェクトの古山さんが参加する和牛共進会会場へ。父牛に宮城県有種雄牛をもつ黒毛和牛40頭余りがず...

記事を読む

梅雨空の6月下旬 斎川

梅雨空の6月下旬 斎川

降ったり晴れたり、梅雨空が続く6月下旬。生育調査では今年もどこよりも成長著しかった斎川の圃場で、雄一さんが溝切り作業に取りかかっていた。...

記事を読む

6月 全圃場の生育調査

6月 全圃場の生育調査

6月下旬、今シーズン2回目の生育調査。生産者6人が参加し、全圃場の生育状況を確認した。早々から今年も暑さ厳しい毎日。空梅雨だろうか……日...

記事を読む

手をかけて旨い米を 白川

手をかけて旨い米を 白川

プロジェクトの田植えも最終時期に。5月下旬の田植えで調整していた良夫さんが圃場に苗を運び入れた。昨年までの圃場に加え作付面積を増やし、そ...

記事を読む