土壌分析を経ていよいよ平成30年の米作りへ

_MG_0044

冬場、各圃場の土が回収され、成分の解析が行われた。栽培に手間がかかる繊細なササニシキにとって、土壌の成分はダイレクトに反映されやすいという。土壌本来の「地力」はもちろん、生産者がどれだけ土作りに手をかけたかが、ササニシキ栽培の鍵となる。

_MG_0046

生産者それぞれの解析結果が提示され、土壌改良の目標が示された。石灰、苦土(酸化マグネシウム)、カリ、リン酸など、その時々に苗を成長させる重要なファクター。自分の圃場に何が不足していて何が過剰か、解析結果も重要な指針だ。

土作りが大前提であること。この日、2年間プロジェクトをフォローしていただいた大河原農業改良普及センター齋藤さんの最後の栽培指導となった。ベテラン生産者とはいえ、栽培過程で生じる疑問や迷いに、的確なアドバイスで後押ししていただき、誰もが心強かったに違いない。プロジェクトの立ち上げから生産者を支えてきた農林課の2人も異動となったが、彼らがその腕を信じたからこそここまでこぎ着けた。「米作りは素人だけれども出来る限りのサポートをしたい」「生産者の人となりも伝えてきたプロジェクトだから」ササニシキの成長と共に並走した2人、これからもプロジェクトに寄り添う謙虚な思いがその表情から伝わった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む

畜産と循環する米づくり 夫婦初めてのササ収穫へ

畜産と循環する米づくり 夫婦初めてのササ収穫へ

西に鉢森山、蔵王連峰、青麻山を望む大平地区。秋ともなれば一面黄金色の田園地帯、古山さんの稲刈りが始まる。早かった田植え、猛暑の夏を乗り切...

記事を読む

籾摺り 新米に手応え

籾摺り 新米に手応え

秋雨を避けて連日続く稲刈り作業。何十年も使ってきた納屋は、息子も作業しやすいようにと効率的に整理され、籾摺り機械と袋詰めされる新...

記事を読む

秋晴れ いよいよ刈り取り開始 福岡

秋晴れ いよいよ刈り取り開始 福岡

「白露」の季節、朝露が消えるのを待って、前日刈り取った分の籾すり作業、次の稲刈り準備をする生産者たち。絶好の秋晴れ、白石・福岡の健一さん...

記事を読む

りんご実る秋 木須一家の棒がけ作業

りんご実る秋 木須一家の棒がけ作業

福岡・長袋で果樹園を営む木須さん一家。親子三代で果樹栽培と稲作、野菜づくりに励んでいる。今年の米づくりが始まる時期、秋の棒がけ作業が大変...

記事を読む