東北3県の銘柄米 食味検討会

_MG_0065春の繁忙期を前に集まった市内の認定農業者たち。昨年に引き続き、銘柄米の食味検討会が開かれた。今年は岩手、宮城、山形3県が推す銘柄米7種。岩手からは新しいブランド米として販路拡大を狙う「金色の風」。地元宮城からは、これまでにないもちもちとした食感でブランド米を目指す「だて正夢」、「ささ結び」、水加減そのままに炊きあげられる玄米品種「金のいぶき」、そして県産「ササニシキ」と白石産「ササニシキ」の4品種。山形からは「つや姫」の弟と銘打って今年から本格販売がスタートした「雪若丸」が登場。味、粘り、硬さ、香りそれぞれの個性を探りながら食べ比べた。最後に各品種の食味値が提示され、意外な反応も。地元ササニシキの食味値、ひいき目は抜きにして、自信を持って来期につなげたい。

_MG_0053

宮城県産玄米「金のいぶき」

_MG_0061

_MG_0064

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

容赦ない暑さ 福岡・白川にて

容赦ない暑さ 福岡・白川にて

「昨日はこのまま倒れるかと思った……」日差しは和らいでも湿度と気温の高い7月中旬、ぼたぼたと汗をかきながら、健一さんが福岡・原の...

記事を読む

猛暑の7月 全圃場生育調査

猛暑の7月 全圃場生育調査

連日30度越えの7月、生産者全員が参加して生育調査が始まった。梅雨時期から一段と成長したササニシキの苗はいよいよ幼穂の形成期へ。先月同様...

記事を読む

畦かえるsnap 果樹園 りんごの摘果作業

畦かえるsnap 果樹園 りんごの摘果作業

連日猛暑が続く7月下旬、今年からプロジェクトに参加している木須さんの果樹園へ。水田の苗が出穂の準備を迎えているこの時期、果樹園で...

記事を読む

春夏秋冬の料理に地場産ササニシキを 鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋

春夏秋冬の料理に地場産ササニシキを 鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋

創業は元禄元年(1688)。以来、源泉かけ流しの濁り湯で多くの客をもてなし続けてきた木村屋さん。豊富な褐色の湯は長きに渡り薬湯と親しまれ...

記事を読む

畦かえるsnap 第23回仙南地域和牛共進会

畦かえるsnap 第23回仙南地域和牛共進会

朝から強い陽射しが照りつける6月下旬、プロジェクトの古山さんが参加する和牛共進会会場へ。父牛に宮城県有種雄牛をもつ黒毛和牛40頭余りがず...

記事を読む