平成29年新嘗祭 白石神明社にて

azekaeru niinamesai2
現在「勤労感謝の日」として定着した11月23日は、本来秋の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭日。いにしえの飛鳥時代からと一説あり、人々が穀物を捧げ、農作物の恩恵に感謝してきた由緒ある祭事です。昨年に引き続き、今年も生産者が病気や怪我もなく、無事収穫できたササニシキを天地の神様にと、白石市益岡町の白石神明社さんの新嘗祭に参列しました。夏の悪天候、度重なる台風と懸念材料の多い生産の現場でしたが、氏子の皆さんや市内の農産物生産者の皆さんと共に、この一年の五穀豊穣に感謝し奉納する節目の日を迎えることができました。

azekaeru niinamesai

azekaeru niinamesai1

神事と米【白石市益岡町 白石神明社さんを訪ねて】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その...

記事を読む

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

昨年までコンバインを持ち込んで棒がけの脱穀をしていた贇(ただし)さん。相棒のお父さんが使って欲しいとバインダーを提供し、息子さんと3人で...

記事を読む

10月 白川・良夫さんの稲刈り

10月 白川・良夫さんの稲刈り

プロジェクト3年目、刈り取りのタイミングを見計らっていた良夫さん。例年よりも成長著しかった今年、台風による強風もあって若干なびいた稲だが...

記事を読む

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む

畜産と循環する米づくり 夫婦初めてのササ収穫へ

畜産と循環する米づくり 夫婦初めてのササ収穫へ

西に鉢森山、蔵王連峰、青麻山を望む大平地区。秋ともなれば一面黄金色の田園地帯、古山さんの稲刈りが始まる。早かった田植え、猛暑の夏を乗り切...

記事を読む