平成29年新嘗祭 白石神明社にて

azekaeru niinamesai2
現在「勤労感謝の日」として定着した11月23日は、本来秋の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭日。いにしえの飛鳥時代からと一説あり、人々が穀物を捧げ、農作物の恩恵に感謝してきた由緒ある祭事です。昨年に引き続き、今年も生産者が病気や怪我もなく、無事収穫できたササニシキを天地の神様にと、白石市益岡町の白石神明社さんの新嘗祭に参列しました。夏の悪天候、度重なる台風と懸念材料の多い生産の現場でしたが、氏子の皆さんや市内の農産物生産者の皆さんと共に、この一年の五穀豊穣に感謝し奉納する節目の日を迎えることができました。

azekaeru niinamesai

azekaeru niinamesai1

神事と米【白石市益岡町 白石神明社さんを訪ねて】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

収穫目前 9月中旬

収穫目前 9月中旬

福岡 鈴木さんの圃場 白川 佐藤さんの圃場

記事を読む

8月下旬 生育調査

8月下旬 生育調査

長引く低温時期から一転して、連日真夏日が続いた今年の夏。市内各地に点在するササニシキの圃場それぞれに、標高や地形の差で気温差がある中、上...

記事を読む

待ちに待った暑さ 白川

待ちに待った暑さ 白川

連日30度超えの7月下旬、出穂を前に稲作には待ちわびた暑さが続く。照りつける日射しを避けて、早朝に作業を進める生産者たち。それでも追いつ...

記事を読む

7月下旬 生育調査

7月下旬 生育調査

県内全域で日照不足が懸念される7月下旬、生産者7人が参加して今月も生育調査が行われた。県南部ではまもなく出穂を迎える時期。いもち病の不安...

記事を読む

短い日照時間 一瞬の晴れ間に 福岡

短い日照時間 一瞬の晴れ間に 福岡

例年よりも低い気温と日照不足が続く7月中旬。湿った空気とどんよりとした蔵王山麓に久しぶりの日が差した。田植えが遅いササニシキの生育にそれ...

記事を読む