晩秋の越河 棒がけの風景

1711越河2

暦の上では立冬の11月。白石・越河、重雄さんのササニシキの棒がけ作業が終わり、冷たい晩秋の風吹く中、美味しい新米が待ち遠しい光景が広がっています。

市内の他地域と比べても、棒がけしている水田が多い越河地区。プロジェクトの2人が数多く手がける南側はコンバインの作業のため棒がけはあまり見られません。手間と時間をかけ、天日で干した米が美味しいことが、米どころの地域の人々に根付いているのでしょう。

他の水田の稲刈りの合間に、家族で数日かけた棒がけ作業。丁寧で手まめな仕事は、今年もきっとその味に。プロジェクト1年目、本当に美味しかった重雄さんの自然乾燥米。今年は2枚の水田から、皆さんへお届けできる日まであと少しです。国道4号線から見える越河の田園、白鳥が舞い降りる季節を迎えようとしています。

1711越河1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

雨量多い梅雨 斎川

雨量多い梅雨 斎川

梅雨前線が停滞し、断続的に雨が降っては止んでを繰り返す時期。近年時に土砂降りとなることが多く、台風前の懸念材料となってきた。かつての梅雨...

記事を読む

6月 全圃場の生育調査

6月 全圃場の生育調査

生育状況を生産者同士で確認する毎月の圃場調査。5月の田植えから1ヶ月が経過し、草丈は平均して30センチ台に。今年も大河原農業改良普及セン...

記事を読む

田植え期終盤 白石・越河

田植え期終盤 白石・越河

管理面積の多いプロジェクトの生産者たちが最後の追い込みに入った5月下旬。連日の好天に越河地区の齋藤重雄さんも機械をフル稼働させていた。他...

記事を読む

ササ2ha栽培へ 白石・福岡

ササ2ha栽培へ 白石・福岡

蔵王連峰を間近に望む鎌先街道沿い。初夏の陽気、好天に恵まれ、初年度から参加する生産者・鈴木健一さんの田植えが進められた。冬場も台風後のワ...

記事を読む

5月下旬 田植え日和続く 白石・大平

5月下旬 田植え日和続く 白石・大平

田植えも終盤の5月下旬、朝から青空が広がる中、白石・大平の村上贇(ただし)さんが晩期栽培のササの田植えに取りかかった。 若苗は3葉...

記事を読む