4月上旬 播種にむけて

1704 温湯消毒01

桜の蕾もまだ硬く閉じた4月初旬、種籾を育苗箱に蒔く前の作業が行われていた。晩期栽培のササニシキ、田植えは5月下旬頃。それまでに生産者は何百、何千枚もの育苗箱で種籾をより丈夫な苗に育てていく。

1704 温湯消毒04

種籾には病気の原因となるカビや細菌が付着していることがある。そのため、種まきの前に消毒することで苗のリスクを減らす作業。この20数年「温湯消毒」をしてきた贇(ただし)さん、問題なくここまできたと言う。ネットに袋詰めした種籾を60度のお湯に10分浸し、手早く冷水へ。湧き出る地下水をかけ流し浸すと、たちまち水が透き通っていく。ササニシキの「水づけ」の積算水温は100度。まだ肌寒いこの時期、水温が一定した地下水を調整管理しながら、種籾の催芽を促す。

豊富な地下水の恩恵を受けて、米づくりの作業が進んでいく。作業場には山積みの育苗箱、プロジェクトの生産者は多い人でゆうに5,000枚を超える。待ったなしの地道な作業、いよいよ繁忙期を迎える。

1704 温湯消毒03

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

梅雨明けぬ7月下旬 生育調査

梅雨明けぬ7月下旬 生育調査

例年より長引く梅雨時期。長雨や低温による生育懸念も広がる中、7月下旬、東北南部に集中的に降り続いた大雨。市内もかなりの降水量ではあったが...

記事を読む

長引く梅雨 わずかな晴れ間に 白川

長引く梅雨 わずかな晴れ間に 白川

曇天に長々と降る梅雨の中、草刈りや水管理、溝切りを進める生産者たち。あと1ヶ月以内には出穂の時期を迎える大切な時期、苗はさらにぐんと伸び...

記事を読む

雨量多い梅雨 斎川

雨量多い梅雨 斎川

梅雨前線が停滞し、断続的に雨が降っては止んでを繰り返す時期。近年時に土砂降りとなることが多く、台風前の懸念材料となってきた。かつての梅雨...

記事を読む

6月 全圃場の生育調査

6月 全圃場の生育調査

生育状況を生産者同士で確認する毎月の圃場調査。5月の田植えから1ヶ月が経過し、草丈は平均して30センチ台に。今年も大河原農業改良普及セン...

記事を読む

田植え期終盤 白石・越河

田植え期終盤 白石・越河

管理面積の多いプロジェクトの生産者たちが最後の追い込みに入った5月下旬。連日の好天に越河地区の齋藤重雄さんも機械をフル稼働させていた。他...

記事を読む