好きだからできる米づくり

IMG_0060

4月下旬、「原に上っていくからさぁ」と健一さんの電話。潤沢な土壌ながら水はけの悪さに悩むという圃場にやっと機械を入れていた。ぬかるむ様子はトラクターの動きでわかる。しかしながらこの土地の米もまた旨いと定評がある。

背中には今日も「白石ササニシキ」の文字。朝から晩まで作業する米づくり、話し出せば多少嘆きながらも、笑いながら持ち前の愛嬌で上を向く健一さんだ。プロジェクトでは率直に意見し、力になろうと盛り上げる。「好きだからできるんだよ」いつか言っていた思い、寡黙に仕事する生産者の背中にいつも見える。

IMG_0007

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

朝晩一段と冷え込んできた立冬。越河の棒がけも十分乾き、プロジェクト今年最後の脱穀作業へ。柿がたわわに実り、近くの沼には白鳥が飛来...

記事を読む

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その...

記事を読む

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

昨年までコンバインを持ち込んで棒がけの脱穀をしていた贇(ただし)さん。相棒のお父さんが使って欲しいとバインダーを提供し、息子さんと3人で...

記事を読む

10月 白川・良夫さんの稲刈り

10月 白川・良夫さんの稲刈り

プロジェクト3年目、刈り取りのタイミングを見計らっていた良夫さん。例年よりも成長著しかった今年、台風による強風もあって若干なびいた稲だが...

記事を読む

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む