2月栽培講習会 振り返りと来期栽培に向けて

平成28年の米づくりをふりかえる

IMG_0023

2月中旬、今年もいよいよ栽培講習会が始まった。昨年に続き、宮城県大河原農業改良普及センターの齋藤さんを指導者に迎え、まずは28年度それぞれの米づくりを振り返る。生産者それぞれが筆を進めて省みたササニシキ栽培が、来期プロジェクトへのステップとなる。

IMG_0017

今年初めての栽培講習会では、昨年収穫した玄米を使用して「玄米千粒重」の実測作業が行われた。「千粒重」とは、玄米1,000粒あたりの重さのこと。無作為に選んだ千粒の重量を測定、数値が高いほど玄米が大粒で充実し、品質評価の目安となる。

IMG_0019

平成28年の栽培を振り返りながら、育苗計画、そして圃場での栽培目標へ。電卓をたたきながら米の「収量構成要素」を掛け算し、最終的な栽培目標数値をはじき出す生産者たち。各々の栽培技術と圃場管理で収穫を目指すことになるが、来期の収量を具体的に数値化する講習内容であった。

作業が本格化する前の冬場、ササニシキを栽培する圃場の土壌分析が行われていた。10箇所選定した結果は概ね良好、生育の強みとなる土壌分析も、今年の栽培を後押しする。自分の圃場は自分で現状把握する重要性を説く指導の齋藤さん。ササニシキの栽培方法を今一度確認しながら、それぞれの腕によって今年の作業が始まろうとしている。

IMG_0025

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

梅雨明けぬ7月下旬 生育調査

梅雨明けぬ7月下旬 生育調査

例年より長引く梅雨時期。長雨や低温による生育懸念も広がる中、7月下旬、東北南部に集中的に降り続いた大雨。市内もかなりの降水量ではあったが...

記事を読む

長引く梅雨 わずかな晴れ間に 白川

長引く梅雨 わずかな晴れ間に 白川

曇天に長々と降る梅雨の中、草刈りや水管理、溝切りを進める生産者たち。あと1ヶ月以内には出穂の時期を迎える大切な時期、苗はさらにぐんと伸び...

記事を読む

雨量多い梅雨 斎川

雨量多い梅雨 斎川

梅雨前線が停滞し、断続的に雨が降っては止んでを繰り返す時期。近年時に土砂降りとなることが多く、台風前の懸念材料となってきた。かつての梅雨...

記事を読む

6月 全圃場の生育調査

6月 全圃場の生育調査

生育状況を生産者同士で確認する毎月の圃場調査。5月の田植えから1ヶ月が経過し、草丈は平均して30センチ台に。今年も大河原農業改良普及セン...

記事を読む

田植え期終盤 白石・越河

田植え期終盤 白石・越河

管理面積の多いプロジェクトの生産者たちが最後の追い込みに入った5月下旬。連日の好天に越河地区の齋藤重雄さんも機械をフル稼働させていた。他...

記事を読む