銘柄米の食味を知る

img_0021

12月初旬、市内の認定農業者が集まる機会に伺った。市内の認定農業者は10数人、野菜、果樹、米などを栽培する専業農家がほとんどである。今回は、昨年に続き全国各地の銘柄米を集め、その食味を知る検討会。全国8つの地域の米が炊き上げられた。

img_0011

img_0008

用意された銘柄米は、「ななつぼし(北海道)」「銀河のしずく(岩手県)」「ささ結び(宮城県・大崎)」「コシヒカリ(新潟県・南魚沼産)」「とちぎの星(栃木県)」「みずかがみ(滋賀県)」「森のくまさん(熊本県)」の7銘柄。地元白石で生産した米プロジェクトの「ササニシキ」も用意された。

米のおいしさである「食味」は、そのつややてり、噛んだ時の無音、香り(風味)、甘み、粘りや弾力など、人の五感に働きかける。品種によって気候、土壌、栽培も異なり、収穫後の貯蔵や精米、炊飯によっても全く同じにはならない。口に入れる人の五感それぞれも違う中で、一概に「これがおいしい」「これはちょっと……」そう判断できないからこそ、全国各地の米の特長や味を知ることは興味深い。

技術をつぎ込み、新たに誕生する品種に対しても非常に明るく、アンテナを張った生産者が多い。出来上がった味の個性も敏感に感じ取る農産物のプロたち、8種類の米を食しながら、味、粘り、硬さ、香りそれぞれを評価し、思い思いの感想を書き留めていた。

img_0016

米プロジェクトの生産者からは鈴木さん(手前)と村上さん(奥)、奥様たちも参加した

img_0022

つや、香りもじっくり確認する参加者たち

img_0023

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

立冬 自然乾燥米第3弾出荷へ

朝晩一段と冷え込んできた立冬。越河の棒がけも十分乾き、プロジェクト今年最後の脱穀作業へ。柿がたわわに実り、近くの沼には白鳥が飛来...

記事を読む

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

晩秋の福岡 木須さん一家の自然乾燥米出荷へ

蔵王連峰に雲がかかり、晴れ間にさっと降っては虹がかかる「時雨(しぐれ)」の季節がやってきた。刈り取り後、台風の強風で倒れ、掛け直した棒がけ。その...

記事を読む

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

自然乾燥米 第一弾脱穀 大平にて

昨年までコンバインを持ち込んで棒がけの脱穀をしていた贇(ただし)さん。相棒のお父さんが使って欲しいとバインダーを提供し、息子さんと3人で...

記事を読む

10月 白川・良夫さんの稲刈り

10月 白川・良夫さんの稲刈り

プロジェクト3年目、刈り取りのタイミングを見計らっていた良夫さん。例年よりも成長著しかった今年、台風による強風もあって若干なびいた稲だが...

記事を読む

まったなしの繁忙期突入 斎川

まったなしの繁忙期突入 斎川

幹線を走っていると、それぞれの地区の稲刈り状況が見えてくるこの季節。白石・斎川周辺、刈り終わった水田を見かけると、太齋さん一家の目まぐる...

記事を読む