「第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」へ出品

プロジェクトの挑戦 「都道府県代表お米選手権」にて特別優秀賞受賞

img_0158

img_0127-1

プロジェクトスタートの1年目、一つの大きなコンクールへの挑戦が、次への新たな原動力となりました。12月3日(土)・4日(日)の2日間、熊本県菊池市で開催された「第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」。プロジェクトの「宮城白石産ササニシキ」は【都道府県代表 お米選手権】の部にノミネートされ〈特別優秀賞〉を受賞。出品総数5,671点、国際総合部門ノミネート(上位40名)を除く出品者の中から各都道府県の上位1位が選出され、宮城・白石のササニシキが健闘、喜びの受賞となりました。
コンクールでノミネートされた「ササニシキ」は宮城からの2点のみ(もう1点は「若手農業経営者 女性の部」で受賞)。全国各地の良質な品種が多種多様に台頭する中、あっさりと飽きのこない「ササニシキ」の可能性を探る機会となり、熊本入りした2人にとっても、各地で名を馳せる生産者たちとの交流は大きな収穫だったようです。

「今年はいつもより余計に田んぼに行ってさ……」そう作業を振り返った2人。「旨いと言われる米づくり」に、プロジェクトとして「伝える米づくり」も加わった今年、我が腕を信じてササニシキに心を注いだのがわかる一言でした。台風や長雨によるスケジュール管理も思うようにいかない中で、人知れず畦に足を運んだ生産者たち。「何十年作ってもわからないこともある」天候や自然と向き合う米づくりの苦悩は、ベテランといえども皆同じです。だからこそ、一堂に会した受賞者たちの笑顔や声がけに、“人柄が米をつくる” そんな印象を強く受けました。

5人の地道な努力が実を結び、次のステップへの原動力となった今回の挑戦。良質な品種や生産者が台頭する米の戦国時代にあって、一人でも多くの皆さんに白石産のササニシキを知って食べていただけたらと、熊本の会場を後にしました。

img_0258

img_0275

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

春夏秋冬の料理に地場産ササニシキを 鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋

春夏秋冬の料理に地場産ササニシキを 鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋

創業は元禄元年(1688)。以来、源泉かけ流しの濁り湯で多くの客をもてなし続けてきた木村屋さん。豊富な褐色の湯は長きに渡り薬湯と親しまれ...

記事を読む

畦かえるsnap 第23回仙南地域和牛共進会

畦かえるsnap 第23回仙南地域和牛共進会

朝から強い陽射しが照りつける6月下旬、プロジェクトの古山さんが参加する和牛共進会会場へ。父牛に宮城県有種雄牛をもつ黒毛和牛40頭余りがず...

記事を読む

梅雨空の6月下旬 斎川

梅雨空の6月下旬 斎川

降ったり晴れたり、梅雨空が続く6月下旬。生育調査では今年もどこよりも成長著しかった斎川の圃場で、雄一さんが溝切り作業に取りかかっていた。...

記事を読む

6月 全圃場の生育調査

6月 全圃場の生育調査

6月下旬、今シーズン2回目の生育調査。生産者6人が参加し、全圃場の生育状況を確認した。早々から今年も暑さ厳しい毎日。空梅雨だろうか……日...

記事を読む

手をかけて旨い米を 白川

手をかけて旨い米を 白川

プロジェクトの田植えも最終時期に。5月下旬の田植えで調整していた良夫さんが圃場に苗を運び入れた。昨年までの圃場に加え作付面積を増やし、そ...

記事を読む