いちずにササニシキを【白石市中町 政寿司さんを訪ねて】

県内産のササニシキを握り続けて

img_0056

ササニシキは寿司のネタとも相性がいい。取材を進める中、市内にはその良さを知り長年ササニシキを提供する寿司屋さんがあると聞いていた。訪れたのは、親子三代続く白石市中町の「政寿司(まさずし)」さん。ご主人の政勝さんと息子の圭介さんが笑顔で出迎えてくれた。

img_0012-1

「政」の字は、先代の祖父母の名前から。海から離れた山間部の白石で、地域の寿司屋として多くの人をもてなし親しまれてきた店。孫にあたる圭介さんは割烹料理店で修行したのち、その意志を継いで故郷へ戻る。カウンターで寿司を握る父を厨房から支える日々、ササニシキにこだわってきた祖父や父の思いに、米づくりの現場をもっと知りたいと生産地へ出向くようになった。現在、県北の登米市の契約農家から仕入れ、低温管理された米の鮮度を第一にお客様へ。足を運んで米を知ることが、食べてくれる人へのもてなしにもなる。

img_0025

img_0017

地元産ササニシキ、信頼できる生産者との出会い

平成5年の大冷害以降は作付けが激減し、流通量もわずかだった時代、寿司屋としてササを確保するのに苦労した。それでもなんとか求めたのは、粘りが少なく口の中でほどけ、何より魚介類のネタとの相性がいいのがササニシキだから。実はプロジェクトの生産者の一人が手がけるササニシキをこの数年提供している。市内でも作られていることを聞きつけ、出会った米と生産者。全ての米とはいかないが、貴重な地元産を使う意義は大きかったに違いない。

素早く手際のいいご主人の手の動きを眺めながら、真っ白で艶やかなしゃり玉を口に入れた瞬間、一気にほどけ、口一杯に広がった。握られたササニシキがこんなに美味しいとは。ネタが乗った寿司は言うまでもない。生産者の顔、握る人の顔が見えればなおのこと、風土が育んだ食材と地域に根付いた寿司屋の味、多くの人に頬張ってほしいと思った。

蔵王山麓から流れ込む冷たい水で育まれた食材に、穏やかで温かな人情が添えられたササニシキの寿司。暖簾をくぐれば、美味しい酒の数々とともに、笑顔が出迎えてくれるだろう。

img_0046

img_0066

【政寿司】

宮城県白石市中町28-4

0224-26-2412

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

収穫と災害の後片付け 福岡

収穫と災害の後片付け 福岡

穏やかな陽気が続いた12月上旬。圃場から場所を変えて、冬季限定の別仕事に取りかかる生産者たち。リンゴの出荷や牛の世話に追われる生産者たち...

記事を読む

12/13発売「週刊金曜日」にてご紹介いただきました

12/13発売「週刊金曜日」にてご紹介いただきました

12月13日(金)発売の「週刊金曜日」、フォトジャーナリスト木村聡さん取材・編集(見開き2ページ)「ササニシキはなぜ消えた」にて、収穫期...

記事を読む

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む