7月 溝切り作業 大平にて

夏に向け苗が成長する分げつ期

7月中旬、大平の圃場のササニシキも順調に生育し、贇(ただし)さんは溝切り作業を始めた。土壌は粘土質、地元では大平の米も味に定評がある。比較的平坦な新幹線沿いに多くの圃場を抱え、作業的には効率よくできているそうだ。

1607 溝切り作業 大平01

1607 溝切り作業 大平02

今や「ササニシキは栽培しにくい」とよく言われる。草丈が出るため倒伏しやすいのも理由の一つだ。水を落とす「溝切り」と「中干し」によって肥料分である窒素の吸収を抑え、過剰な「分げつ」を抑える効果がある。根を強く張らせ、必要以上に草丈を伸ばさないよう工夫が必要な品種、水管理や追肥の加減など、作り手の手のかけ方が生育を左右する。

1607 溝切り作業 大平03

右がササニシキ。他の品種より出穂期や成熟期はゆっくりだが、だいぶ草丈が伸びているのがわかる

倒伏防止、いもち病への警戒、冷害の心配など、ササニシキを栽培する上では懸念材料が多い。平成5年の大冷害を境に作付は激減し、「ひとめぼれ」が主要な作付銘柄となった宮城。流通するササニシキも希少な今、あえて手をかけて秋の収穫を目指す生産者たち、腕の見せどころでもある。今年どこまでできるか……米づくりのプロである贇(ただし)さんでさえ口にする。

1607 他作業 大平04

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む