7月 溝切り作業 福岡にて

体力と気力 機械を頼りに圃場をまわる毎日

IMG_0165

梅雨まだ明けぬ7月、福岡の健一さんも「溝切り」作業に追われていた。溝を切ることで空気を供給し苗の活力を向上させ、土中の有害ガスを抜いたり、秋の収穫時の排水対策にも必要な溝切り。次の「中干し」作業へのステップとなる。

IMG_0045

「これがないと手が回らないのよ」

バイクに乗るように勢いをつけて機械に乗り込むと、育ち始めた稲をかき分けるようにぐんぐん進み始めた。これからの苗の生育にとって必要な作業であることはもちろん、この溝切りは秋の収穫作業への準備。粘土質の圃場は良質の米をつくるが、ぬかるまない圃場で機械をスムーズに動かすために、溝切りはしっかりやると話す。

溝切り作業 福岡03

作業中、近所のお父さんが立ち寄り、今ではあまり聞かなくなったササニシキの話で会話が弾んだ。生産者の圃場には赤いフラッグの目印が立てられている。

夏を目前に、涼しい山風に時折なびく苗、順調に成長している。標高の高い水田に、トンボが飛び交う季節になった。

溝切り作業 福岡04

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む