6月下旬 溝切り作業 斎川にて

父親の教え 自分の判断

斎川 溝切り作業1

代掻きと田植えが他の生産者よりも10日から2週間早かったこともあり、6月の生育調査では幾分育ち過ぎていた。育つものは仕方がないが、夏から秋に成長し過ぎてもよくない。草丈が伸びれば、他の品種よりも茎の細いササニシキは倒れやすくなる。土中のガスを抜き、根をしっかり張らせるための水管理に、「溝切り」作業がとても重要になってくる。

IMG_0274

20ヘクタール以上の水田を経営管理する雄一さんの家では、4品種とササニシキを作付けしている。改良され栽培しやすいといわれる品種よりも、デリケートなササニシキについては神経を使うようだ。ここ斎川、土壌は粘土質で米がうまいと定評がある。一方で、山と山に挟まれた地形、風の通りにくさは多少なりともある。気温が低くても、湿度が高ければ「いもち病」にもなりやすい。その懸念はどの生産者にも共通で、これからの季節は冷害や台風など天候の影響も心配される。

父親にいつも作業状況を話しながら、時には口喧嘩になりながら作業を進めている様子。長年の経験値と自分の判断、衝突は絶えないが、「うまい米を作りたい」という共通の目標があるからこそだろう。

IMG_0328 のコピー

「米研ぎは何回も何回もやったから、俺が炊いたご飯はうまいって言われる」

雄一さんは地元の寿司屋さんでアルバイトをしていたことがあるそうだ。当時はもちろんササニシキ。現在でも流通量の少ないササニシキを使う寿司屋さんは多いと聞く。食材の味がより引き立ち、口の中でほどけるササニシキはどんな和食にもよく合う。教えられた米の研ぎ方、水加減、やってみると納得の炊きあがりだった。

IMG_0343

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

雨量多い梅雨 斎川

雨量多い梅雨 斎川

梅雨前線が停滞し、断続的に雨が降っては止んでを繰り返す時期。近年時に土砂降りとなることが多く、台風前の懸念材料となってきた。かつての梅雨...

記事を読む

6月 全圃場の生育調査

6月 全圃場の生育調査

生育状況を生産者同士で確認する毎月の圃場調査。5月の田植えから1ヶ月が経過し、草丈は平均して30センチ台に。今年も大河原農業改良普及セン...

記事を読む

田植え期終盤 白石・越河

田植え期終盤 白石・越河

管理面積の多いプロジェクトの生産者たちが最後の追い込みに入った5月下旬。連日の好天に越河地区の齋藤重雄さんも機械をフル稼働させていた。他...

記事を読む

ササ2ha栽培へ 白石・福岡

ササ2ha栽培へ 白石・福岡

蔵王連峰を間近に望む鎌先街道沿い。初夏の陽気、好天に恵まれ、初年度から参加する生産者・鈴木健一さんの田植えが進められた。冬場も台風後のワ...

記事を読む

5月下旬 田植え日和続く 白石・大平

5月下旬 田植え日和続く 白石・大平

田植えも終盤の5月下旬、朝から青空が広がる中、白石・大平の村上贇(ただし)さんが晩期栽培のササの田植えに取りかかった。 若苗は3葉...

記事を読む