6月下旬 溝切り作業 斎川にて

父親の教え 自分の判断

斎川 溝切り作業1

代掻きと田植えが他の生産者よりも10日から2週間早かったこともあり、6月の生育調査では幾分育ち過ぎていた。育つものは仕方がないが、夏から秋に成長し過ぎてもよくない。草丈が伸びれば、他の品種よりも茎の細いササニシキは倒れやすくなる。土中のガスを抜き、根をしっかり張らせるための水管理に、「溝切り」作業がとても重要になってくる。

IMG_0274

20ヘクタール以上の水田を経営管理する雄一さんの家では、4品種とササニシキを作付けしている。改良され栽培しやすいといわれる品種よりも、デリケートなササニシキについては神経を使うようだ。ここ斎川、土壌は粘土質で米がうまいと定評がある。一方で、山と山に挟まれた地形、風の通りにくさは多少なりともある。気温が低くても、湿度が高ければ「いもち病」にもなりやすい。その懸念はどの生産者にも共通で、これからの季節は冷害や台風など天候の影響も心配される。

父親にいつも作業状況を話しながら、時には口喧嘩になりながら作業を進めている様子。長年の経験値と自分の判断、衝突は絶えないが、「うまい米を作りたい」という共通の目標があるからこそだろう。

IMG_0328 のコピー

「米研ぎは何回も何回もやったから、俺が炊いたご飯はうまいって言われる」

雄一さんは地元の寿司屋さんでアルバイトをしていたことがあるそうだ。当時はもちろんササニシキ。現在でも流通量の少ないササニシキを使う寿司屋さんは多いと聞く。食材の味がより引き立ち、口の中でほどけるササニシキはどんな和食にもよく合う。教えられた米の研ぎ方、水加減、やってみると納得の炊きあがりだった。

IMG_0343

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む