6月下旬 生育調査の日

原点にかえる 目と手で 我が田んぼを知ること

06生育調査01

5月下旬の田植えから1か月、今月も大河原農業改良普及センターの担当者指導による生育調査が行われた。それぞれの生育状況確認はもちろんだが、普段自らの作業で手一杯の生産者が他の圃場を見て知る機会にと、情報交換も兼ねた全員での巡回だ。

06生育調査00

生育調査では、害虫の有無、この時期の苗の草丈、茎数、葉色、葉数を、過去の栽培データを目安に確認していく。米づくりは長年の経験や感覚を頼りに、天候を見ながら進めるわけだが、天候以外はできる限りの手間をかけ、その時々の課題をできるだけクリアして進めたい。圃場を回れば、それぞれに課題も出てくる。土壌、地理的条件、作業の進捗、異なる環境の中で、ササニシキ栽培の基本にかえり改善していく。

生育を知ることは今後の作業へのステップとなり、後々は消費者への信頼にもつながる。自分の田んぼは自分で見て自分で判断し、その時々に対応すること。無事ササニシキの稲の成長を促すためのアドバイスに、生産者はしっかりと耳を傾けていた。自信をもって作業を進めてほしいという期待感がそこにある。毎月の生育調査を経て、秋の収穫を目指す。

06生育調査02 06生育調査04

06生育調査03 06生育調査06 06生育調査05

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む