水管理と草刈りの日々 福岡

広大な経営面積 1人黙々と
thumb__MG_0266_1024

標高の高い山間、機械を入れにくい田んぼも多い

梅雨入り前の6月初旬、生産者は水管理と畦の草刈りに明け暮れていた。自分が管理する田んぼを次から次へと移動し作業する。福岡の生産者、健一さんの圃場は山あいが多い。ササニシキの作付水田も市街地を見下ろす場所にあり、さらに標高の高い蔵王連峰間近の農業用水ダムから水が引かれている。

1606福岡にて02

蔵王連峰の伏流水が流れ込む川原子ダムから水が引かれている

建設業から稲作一本へ

「つくるのが好きでさ……」

建設関係の仕事から一転、ここしばらくは兼業から専業で米づくり中心の日々。稲作経営の厳しさは身にしみて感じている。広大な作付面積を稼働させなければいけない。消耗する機械にはメンテナンスもお金もかかる。どの生産者も頭を抱え、日々の作業に追われている。忙しい田植えが終わったとはいえ、水の管理、畦の草刈り、休む暇はない。白石市福岡の広範囲に経営圃場を抱え、春と秋の繁忙期以外はほぼ一人でこなす。

1606福岡にて03

「俺を追っかけるのはたいへんよ」

笑いながら話す健一さんだが、機械に手をかければ表情は一転、思いがけないけがや不注意を一番に考えるのはどの生産者も同じで、一声かけられた。機械の良さも怖さも農作業で痛いほど経験している。手入れして20年以上使っている機械のスターターを引くと、黙々と草を刈り始めた。

1606福岡にて04

ササニシキのプロジェクトでは生産者の中で一番多い収穫量を目指す。

「それでも足りないんだ」

どの生産者にも共通するが、毎年の新米を楽しみにしている人が大勢いるということだ。

日が傾き始めた夕方、

「よーし、今日は終わりだ!」

今年で64歳の健一さん、まだまだこれからと少年のような笑顔を見せた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む