水管理と草刈りの日々 斎川

地域と家族 お互いあっての今

1606斎川にて01

6月初旬、斎川。生産者の中で一番広い経営面積を抱える太齋さんも草刈りに追われていた。20ヘクタールを超える田んぼには「相対取引」の分も含まれ、息子の雄一さんが農業に従事するようになってからは親子2人、繁忙期は知り合いに頼みながら稼働させてきた。ここも高齢者や農業から手を引く家が多い地区、親子代々米を作り続ける農家は一握りだ。

1606斎川にて04

手間も時間もかかる草刈り、父の元雄さんも丁寧に機械を進めていた

「バタバタだった去年のことは覚えてない」

草刈りの手を休め、息子の雄一さんが話し始めた。一家の大黒柱である父親が脳梗塞で倒れ、直後に祖父が亡くなる。時は田植えの頃、何もかもが一気に雄一さんに押し寄せた。

脱サラして家業を継ぐと決めてからまだ10年足らず。頑固な父親の背中を見て、広大な水田を前に農業を肌で覚えている最中だった。病後の父にリハビリがてらと作業をさせるも、前のようにはいかない不安も拭えなかった日々、忙殺されどん底のような一年だったと。

1606斎川にて05

家族と地域を支える米づくりへの転身

農業一筋でこの斎川で生きてきた父親への尊敬は、雄一さんの言葉の節々から伝わった。家族経営の農業の厳しさは毎日身にしみる。あのどん底の一年を支えたのは、祖父にも、そして自分にも生きる力を与えた4人の子供たちだった。

「今がチャンスと思って」

かたわらでは、笑顔で話しかけてくれた父の元雄さんが草刈機を動かしていた。

「親父は会合とか嫌いだけど、一緒にやってる以上はさ……」

元雄さんをフォローするように、このプロジェクトで雄一さんが動き出している。ササニシキは作りたかった米、どこまでできるか、雄一さんにとっても新たな挑戦の一年だ。

1606斎川にて03

水田の中を一日中電車や新幹線が行き交う斎川、畦から見える景色を子供たちも喜ぶという。雄一さんの好きなものが、家業のとなりを北へ南へと走っていく。

父親の背中を見ながら農家で育った若き担い手、地域にとっても心強い存在だ。古くなった機械をなんとか見繕って、修理して、お金がかかると頭を抱え、広大な水田と向き合っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む