田植え時期 夜のミーティング 

生産から販売、その先へ プロジェクトをつたえるということ

160523ミーティング01
田植えの繁忙期、朝から晩まで作業が続く中、1日の作業を終えた生産者と関係者が顔を合わせ、それぞれの進捗状況を伝える。現場の作業に集中する生産者に、このプロジェクトをどう発信していくか、フォローする側の思いや方向性を説明した。

生産者が自ら情報発信する時代、人が集まり、それぞれの役割でこのプロジェクトを進める意義は大きい。白石の米生産の現状を一人でも多くの人に知ってほしい。なにより、かつては宮城の銘柄米であったササニシキを今も白石で作り続けている生産者がいること、独自のブランド米を目指し立ち上がったことを。つたえるために、このプロジェクトチームが共感できるものは何か、意見が交わされた。

【畦かえる ー宮城白石産ササニシキ復活プロジェクトー】ミーティングの最後、お疲れのところを筆を持っていただき、つたえるプロジェクトであることを再確認した。今日欠席だった生産者さん、熱でダウンしたとのこと。暑さも追い打ちをかけた5月、疲れはピークだろう。

160523ミーティング02 160523ミーティング03 160523ミーティング04 160523ミーティング05

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む