田植え 大平にて

ササニシキの苗 いよいよ圃場へ
160524大平 田植え01

米づくりのプロ、気持ちも新たに今年も始まった

5月というのに朝から強い日差しが照りつける日、市中心部から南に数分の大平(おおだいら)で、村上贇(ただし)さんの田植えが始まった。このプロジェクトのまとめ役を引き受けたベテラン生産者、関係者が見守る中、緊張した面持ちで苗をトラクターに積み始めた。

160524大平 田植え02

160524大平 田植え03

プロジェクトでは20俵余りの収穫を目指す

米生産一筋 丁寧な仕事
160524大平 田植え04

ひと苗ひと苗しっかりと泥の中へ

鏡のように平らに代掻きされた圃場、贇(ただし)さんのトラクターの動きに目を奪われた。丁寧、その一言に尽きる無駄のない動きが、長年の米づくりを物語っているようだ。かたわらで手伝う奥さんも同じ市内、農家の出身。機械がなかった時代、面積は今より狭く、手間と時間は倍以上かかったが、好きな農作業に明け暮れた。実はトラクターを動かすのも好きだったという奥さん、

「けがしてから乗らなくなったんだ」

と、後で贇(ただし)さんが話してくれた。

5、6年前から再び作付け
160524大平 田植え05

まっすぐに植えられていく若苗

「あの味が好きで食べたくて、また作り始めたの」

冷害前は当たり前に食べていたササニシキ、しばらく生産はやめていた。久しぶりに食べた時、なんとも言えない懐かしい味だったと奥さん。口に入れるたびに、その素朴でさっぱりとした食感を感じるという。米を購入してくれるお客さんには飲食店でササニシキを提供したり、好んで食べてくれる人も多いのだ。

「白石のササニシキを食べてほしい」

一仕事終えたプロジェクトのまとめ役は、畦に降りると笑顔もほころび、長年米農家として連れ添った妻もねぎらった。

160524大平 田植え07

村上さん夫婦 ひと仕事終えて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

7月 雨を避けての作業 斎川

7月 雨を避けての作業 斎川

梅雨に入り曇天が続き、少し肌寒い7月上旬。斎川の水田に圃場を見て回る太齋さん夫婦の姿。水管理を確認しながら、ササニシキの溝切り作業に取り...

記事を読む

梅雨6月 生育調査

梅雨6月 生育調査

田植え期から1ヶ月経過した6月下旬、圃場を巡回してササの生育調査が行われた。初年度からの生産者5人の圃場にて、草丈、茎数、葉色を調べてい...

記事を読む

天候と腕と探究心 白川

天候と腕と探究心 白川

早々から始まった田植えもほぼ終わった白石・白川地区。水田に今年もカモメの姿。きれいに草刈りされた畦道に、土手のシシウドが今年も映えるよう...

記事を読む

仲間と旨い米を追う4年目のプロジェクト 大平

仲間と旨い米を追う4年目のプロジェクト 大平

5月下旬、30度を超える予想気温の週末。大平の贇(ただし)さんが田植えの準備に取り掛かった。昨年から就農して家業を支える息子さんと、旧知...

記事を読む

高温の5月下旬 福岡

高温の5月下旬 福岡

朝から照りつける強い陽射し。まだ5月というのに異常な暑さ。ほとんどの水田で田植えを終えた福岡・原地区、望む蔵王連峰の残雪も日に日に少なく...

記事を読む