田植え 大平にて

ササニシキの苗 いよいよ圃場へ
160524大平 田植え01

米づくりのプロ、気持ちも新たに今年も始まった

5月というのに朝から強い日差しが照りつける日、市中心部から南に数分の大平(おおだいら)で、村上贇(ただし)さんの田植えが始まった。このプロジェクトのまとめ役を引き受けたベテラン生産者、関係者が見守る中、緊張した面持ちで苗をトラクターに積み始めた。

160524大平 田植え02

160524大平 田植え03

プロジェクトでは20俵余りの収穫を目指す

米生産一筋 丁寧な仕事
160524大平 田植え04

ひと苗ひと苗しっかりと泥の中へ

鏡のように平らに代掻きされた圃場、贇(ただし)さんのトラクターの動きに目を奪われた。丁寧、その一言に尽きる無駄のない動きが、長年の米づくりを物語っているようだ。かたわらで手伝う奥さんも同じ市内、農家の出身。機械がなかった時代、面積は今より狭く、手間と時間は倍以上かかったが、好きな農作業に明け暮れた。実はトラクターを動かすのも好きだったという奥さん、

「けがしてから乗らなくなったんだ」

と、後で贇(ただし)さんが話してくれた。

5、6年前から再び作付け
160524大平 田植え05

まっすぐに植えられていく若苗

「あの味が好きで食べたくて、また作り始めたの」

冷害前は当たり前に食べていたササニシキ、しばらく生産はやめていた。久しぶりに食べた時、なんとも言えない懐かしい味だったと奥さん。口に入れるたびに、その素朴でさっぱりとした食感を感じるという。米を購入してくれるお客さんには飲食店でササニシキを提供したり、好んで食べてくれる人も多いのだ。

「白石のササニシキを食べてほしい」

一仕事終えたプロジェクトのまとめ役は、畦に降りると笑顔もほころび、長年米農家として連れ添った妻もねぎらった。

160524大平 田植え07

村上さん夫婦 ひと仕事終えて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む