田植え 大平にて

ササニシキの苗 いよいよ圃場へ
160524大平 田植え01

米づくりのプロ、気持ちも新たに今年も始まった

5月というのに朝から強い日差しが照りつける日、市中心部から南に数分の大平(おおだいら)で、村上贇(ただし)さんの田植えが始まった。このプロジェクトのまとめ役を引き受けたベテラン生産者、関係者が見守る中、緊張した面持ちで苗をトラクターに積み始めた。

160524大平 田植え02

160524大平 田植え03

プロジェクトでは20俵余りの収穫を目指す

米生産一筋 丁寧な仕事
160524大平 田植え04

ひと苗ひと苗しっかりと泥の中へ

鏡のように平らに代掻きされた圃場、贇(ただし)さんのトラクターの動きに目を奪われた。丁寧、その一言に尽きる無駄のない動きが、長年の米づくりを物語っているようだ。かたわらで手伝う奥さんも同じ市内、農家の出身。機械がなかった時代、面積は今より狭く、手間と時間は倍以上かかったが、好きな農作業に明け暮れた。実はトラクターを動かすのも好きだったという奥さん、

「けがしてから乗らなくなったんだ」

と、後で贇(ただし)さんが話してくれた。

5、6年前から再び作付け
160524大平 田植え05

まっすぐに植えられていく若苗

「あの味が好きで食べたくて、また作り始めたの」

冷害前は当たり前に食べていたササニシキ、しばらく生産はやめていた。久しぶりに食べた時、なんとも言えない懐かしい味だったと奥さん。口に入れるたびに、その素朴でさっぱりとした食感を感じるという。米を購入してくれるお客さんには飲食店でササニシキを提供したり、好んで食べてくれる人も多いのだ。

「白石のササニシキを食べてほしい」

一仕事終えたプロジェクトのまとめ役は、畦に降りると笑顔もほころび、長年米農家として連れ添った妻もねぎらった。

160524大平 田植え07

村上さん夫婦 ひと仕事終えて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

雨量多い梅雨 斎川

雨量多い梅雨 斎川

梅雨前線が停滞し、断続的に雨が降っては止んでを繰り返す時期。近年時に土砂降りとなることが多く、台風前の懸念材料となってきた。かつての梅雨...

記事を読む

6月 全圃場の生育調査

6月 全圃場の生育調査

生育状況を生産者同士で確認する毎月の圃場調査。5月の田植えから1ヶ月が経過し、草丈は平均して30センチ台に。今年も大河原農業改良普及セン...

記事を読む

田植え期終盤 白石・越河

田植え期終盤 白石・越河

管理面積の多いプロジェクトの生産者たちが最後の追い込みに入った5月下旬。連日の好天に越河地区の齋藤重雄さんも機械をフル稼働させていた。他...

記事を読む

ササ2ha栽培へ 白石・福岡

ササ2ha栽培へ 白石・福岡

蔵王連峰を間近に望む鎌先街道沿い。初夏の陽気、好天に恵まれ、初年度から参加する生産者・鈴木健一さんの田植えが進められた。冬場も台風後のワ...

記事を読む

5月下旬 田植え日和続く 白石・大平

5月下旬 田植え日和続く 白石・大平

田植えも終盤の5月下旬、朝から青空が広がる中、白石・大平の村上贇(ただし)さんが晩期栽培のササの田植えに取りかかった。 若苗は3葉...

記事を読む