5月中旬 育苗検査の日

田植えの繁忙期 これからのササニシキ
育苗検査051701

作柄を左右する育苗。水と温度管理が重要な時期、他の品種の田植えは繁忙期を迎えていた

ゴールデンウィーク前後に田植えが集中する他の品種と比べ、田植え時期は半月ほど遅いササニシキ。種もみを育苗箱に蒔き、ビニールハウスで育てる人もいれば、プール育苗で管理する人もいる。

「ハウス高いからさぁ。昔はハウスなくても米作ったもんなぁ」

笑いながらも県担当者の調査結果を待つ横顔は真剣。ベテラン農家とはいえ今年はこれから。多少の不安も垣間見える。

丈夫な苗づくりへの思い
育苗検査051702

越河 斎藤重雄さん

平成5年の大冷害を経験し生産量は減少、栽培が難しいと言われ希少になったササニシキ。茎が細く倒れやすいこともあり、丈夫な苗づくりが必要だ。

「こればっかりは天気次第だがらな」

栽培農家が減少した中、「あの味を」とあえて作る5人。越河、斎川、大平、白川、福岡の皆が共通して口にした言葉は、農家の願いであり、原点だろう。今年の米づくりの確信は、ベテランといえども口にはしない。担当技術者に耳を傾ける横顔は皆真剣そのものだった。

順調に育つ苗は、まもなく圃場へ。5人それぞれが手がける経営面積は広大で、品種はもちろんササニシキにとどまらない。生産者たちは繁忙期を迎え、朝から晩までの作業が続く。

育苗検査051703

斎川 太齋雄一さん

育苗検査051704

大平 村上贇(ただし)さん

育苗検査051705

福岡 鈴木健一さん

育苗検査051706

白川 佐藤良夫さん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」  【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」 【都道府県代表 お米選手権】の部〈特別優秀賞〉受賞

4度目の全国コンクール挑戦で2度目の受賞! 11月30日(土)・12月1日(日)の2日間、千葉県木更津市で開催された「第21回...

記事を読む

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

【第3回みやぎ・大崎耕土『ささ王』決定戦2019】「ささ王」に次ぐ「金ささ賞(2点)」ダブル受賞

宮城が生んだ「ササニシキ」と「ささ結」2つの銘柄米。その美味しさや品質をさらに広めようと、誕生の地・大崎市の宮城県古川農業試験場にて、今...

記事を読む

11月上旬 越河の棒がけ

11月上旬 越河の棒がけ

各地の甚大な災害に胸を痛めながら、刈り取りを待っていた圃場で最後の棒がけ作業。同じ市内でも作業は他地域より遅い県境の越河地区に冷たい風が...

記事を読む

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

第41回白石市農業祭 新米試食販売会

台風19号により被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 第41回白石市...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀作業 大平

自然乾燥米の脱穀作業 大平

暑い夏の後で、短かった今年の秋。収穫時期を迎える最中、毎週のようにやってきた台風を懸念しながら、脱穀までに時間を要する結果となった。幸い...

記事を読む