1.8ha栽培へ意欲 福岡蔵本にて

_MG_0033

連日の陽気で市の中心部では桜が見頃の3月下旬。標高の高い福岡蔵本は体感温度も低く、冷たい風吹く中山桜が咲き始める。圃場の整備に追われる健一さん、機械が土壌に刺さる圃場の暗渠対策や畦うちで点々と動きまわり作業していた。

たまにぼやきながらも、笑顔が絶えない健一さん。常に米の可能性を探っている。平成30年、管理面積は20haまで増え、ササニシキも昨年同様、プロジェクト生産者では一番広い約1.8haの栽培に取りかかる。何がそこまでかきたてるのか伺うまでもなく、「やってみないとわからない」「どこまでできるかやってみるか」と、機械を進め手を動かす人だ。鎌先への道路に沿って水田が広がる福岡蔵本に、枚数にして50枚以上の圃場を抱える健一さん。頼まれる水田は年々増えるが、山手に点在する圃場が多いのが悩み。広範囲にわたる圃場をいかに効率的に作業して回るか、今年も休みなしのシーズンを迎えた。

_MG_0029

_MG_0038

_MG_00382

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

ふるさとの味を伝えるお惣菜店「ごっつぉうさん」 特製ササニシキのお花見弁当

ふるさとの味を伝えるお惣菜店「ごっつぉうさん」 特製ササニシキのお花見弁当

大河原町末広の「ふるさとの味を伝えるお惣菜店 ごっつぉうさん」に、郷土のお母さんの味がぎっしり詰まった「お花見弁当」が今年も登場...

記事を読む

1.8ha栽培へ意欲 福岡蔵本にて

1.8ha栽培へ意欲 福岡蔵本にて

連日の陽気で市の中心部では桜が見頃の3月下旬。標高の高い福岡蔵本は体感温度も低く、冷たい風吹く中山桜が咲き始める。圃場の整備に追われる健...

記事を読む

春 息子と走り出した米作り

春 息子と走り出した米作り

いつもより早い桜の開花に、急かされるように農作業を始めた生産者たち。大平・八ツ森の水田に、息子さんと作業する贇(ただし)さんの姿があった。空の霞...

記事を読む

土壌分析を経ていよいよ平成30年の米作りへ

土壌分析を経ていよいよ平成30年の米作りへ

冬場、各圃場の土が回収され、成分の解析が行われた。栽培に手間がかかる繊細なササニシキにとって、土壌の成分はダイレクトに反映されやすいとい...

記事を読む

東北3県の銘柄米 食味検討会

東北3県の銘柄米 食味検討会

春の繁忙期を前に集まった市内の認定農業者たち。昨年に引き続き、銘柄米の食味検討会が開かれた。今年は岩手、宮城、山形3県が推す銘柄米7種。岩手から...

記事を読む