1.8ha栽培へ意欲 福岡蔵本にて

_MG_0033

連日の陽気で市の中心部では桜が見頃の3月下旬。標高の高い福岡蔵本は体感温度も低く、冷たい風吹く中山桜が咲き始める。圃場の整備に追われる健一さん、機械が土壌に刺さる圃場の暗渠対策や畦うちで点々と動きまわり作業していた。

たまにぼやきながらも、笑顔が絶えない健一さん。常に米の可能性を探っている。平成30年、管理面積は20haまで増え、ササニシキも昨年同様、プロジェクト生産者では一番広い約1.8haの栽培に取りかかる。何がそこまでかきたてるのか伺うまでもなく、「やってみないとわからない」「どこまでできるかやってみるか」と、機械を進め手を動かす人だ。鎌先への道路に沿って水田が広がる福岡蔵本に、枚数にして50枚以上の圃場を抱える健一さん。頼まれる水田は年々増えるが、山手に点在する圃場が多いのが悩み。広範囲にわたる圃場をいかに効率的に作業して回るか、今年も休みなしのシーズンを迎えた。

_MG_0029

_MG_0038

_MG_00382

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

ササニシキ田植え始まる 斎川

ササニシキ田植え始まる 斎川

曇り空に時折小雨の5月、田植機2台をフル稼働させて、太齋さん一家の作業が始まった。今年も泊まり込みの親戚、近所の人に助けられ、連日の代掻...

記事を読む

家族の手伝いあって 福岡

家族の手伝いあって 福岡

他の品種の播種作業を先に、晩期栽培ながら「いつもより作業が早い」とササニシキの育苗を始めた健一さん。今年も暑い4月下旬、いつもの仲間に遠...

記事を読む

播種、プール育苗へ 白川

播種、プール育苗へ 白川

4月中旬、今年も陽気に急かされて田んぼに出て作業する人が多い。昨年までの栽培面積から、今年はもう一箇所圃場を確保して収量を増やす予定でい...

記事を読む

親子三代の果樹栽培 自然乾燥の米づくり

親子三代の果樹栽培 自然乾燥の米づくり

寒暖を繰り返す4月、育苗の準備に取りかかる生産者たち。白石福岡の果樹園では、受粉期を迎えたりんごの授粉作業に取りかかる親子の姿があった。...

記事を読む

ふるさとの味を伝えるお惣菜店「ごっつぉうさん」 特製ササニシキのお花見弁当

ふるさとの味を伝えるお惣菜店「ごっつぉうさん」 特製ササニシキのお花見弁当

大河原町末広の「ふるさとの味を伝えるお惣菜店 ごっつぉうさん」に、郷土のお母さんの味がぎっしり詰まった「お花見弁当」が今年も登場...

記事を読む