土壌分析を経ていよいよ平成30年の米作りへ

_MG_0044

冬場、各圃場の土が回収され、成分の解析が行われた。栽培に手間がかかる繊細なササニシキにとって、土壌の成分はダイレクトに反映されやすいという。土壌本来の「地力」はもちろん、生産者がどれだけ土作りに手をかけたかが、ササニシキ栽培の鍵となる。

_MG_0046

生産者それぞれの解析結果が提示され、土壌改良の目標が示された。石灰、苦土(酸化マグネシウム)、カリ、リン酸など、その時々に苗を成長させる重要なファクター。自分の圃場に何が不足していて何が過剰か、解析結果も重要な指針だ。

土作りが大前提であること。この日、2年間プロジェクトをフォローしていただいた大河原農業改良普及センター齋藤さんの最後の栽培指導となった。ベテラン生産者とはいえ、栽培過程で生じる疑問や迷いに、的確なアドバイスで後押ししていただき、誰もが心強かったに違いない。プロジェクトの立ち上げから生産者を支えてきた農林課の2人も異動となったが、彼らがその腕を信じたからこそここまでこぎ着けた。「米作りは素人だけれども出来る限りのサポートをしたい」「生産者の人となりも伝えてきたプロジェクトだから」ササニシキの成長と共に並走した2人、これからもプロジェクトに寄り添う謙虚な思いがその表情から伝わった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

手をかけて旨い米を 白川

手をかけて旨い米を 白川

プロジェクトの田植えも最終時期に。5月下旬の田植えで調整していた良夫さんが圃場に苗を運び入れた。昨年までの圃場に加え作付面積を増やし、そ...

記事を読む

作付け1ヘクタールへ 越河

作付け1ヘクタールへ 越河

5月の陽気に地区全体を見ても田植えが早かった越河地区。プロジェクト3年目の重雄さん、昨年までの作付面積から圃場を拡大し、約1.1ヘクター...

記事を読む

田植えのタイミング 大平

田植えのタイミング 大平

5月下旬、雨を避けるようにスケジュールを組んで作業の段取りをしていた贇(ただし)さん。ここまで順調に作業が進んだと、夕方前のもう一仕事に...

記事を読む

親子三代 果樹と共につなぐ米づくり

親子三代 果樹と共につなぐ米づくり

蔵王連峰の雪解けを間近に見る福岡長袋、木須さん一家の田植えも後半となった。良く晴れた5月下旬、田植えを終えた辺り一帯は若苗がそよぎ、畦を...

記事を読む

和牛育つ原風景 新たな栽培への取り組み  

和牛育つ原風景 新たな栽培への取り組み  

木々や山影が澄んだ水田に季節を伝える5月中旬。水鏡は農作業の一区切りを知らせるように、朝な夕なに表情を変え、穏やかな薫風が若苗を揺らす。...

記事を読む