10月 棒がけの自然乾燥米を 大平

_MG_0055

白石でも稲刈りが本格化した10月初旬快晴の日、手間のかかる棒がけ作業に頼もしい裏方たちが集まった。昨年の自然乾燥米の売れ行きに手応えのあったプロジェクト。今年も天日を浴びたササニシキを届けようと、気合十分に作業が始まった。

_MG_0078

_MG_0251

近年昔ながらの農法が見直される中、バインダーでの刈り取り、杭打ち、稲をかける作業、掛け換え、脱穀と、人手も時間も必要な作業。手をかけたその味はなお旨いことも、風土と生産者に感謝する再発見だった。

秋ともなれば当たり前に広がっていたササニシキの棒がけの風景。遠い記憶の中に、手伝った思い出や食べた思い出のある裏方たちに混じって、ササニシキを食べたことがない若い世代が昨年に引き続き汗をかいた。

_MG_0236

_MG_0275

プロジェクト2年目も、裏方たちは生産者たちにそっと寄り添う。米づくりは素人だけれども、生産者さんを後押ししたいー謙虚な裏方たちを生産者たちは心強く感じている。前に進めようと思えばいろんな思いが交錯する中、互いの人柄や役割を認め合って進んできたプロジェクト。素朴でいて味のあるササニシキを届けたいー思いは同じである。

土に触れ汗を流す姿に、その人を知る米づくりの現場。一生懸命な裏方さんたちに食べさせたいと、お母さん手作りのあったかい新米とカレーが振るまわれた。働き盛り、食べ盛り、秋晴れにずらり並んだ棒がけに喜びもひとしお。おかわり続々、爽快で満面の笑顔だった。

_MG_0271

_MG_0301

_MG_0319

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

手をかけて旨い米を 白川

手をかけて旨い米を 白川

プロジェクトの田植えも最終時期に。5月下旬の田植えで調整していた良夫さんが圃場に苗を運び入れた。昨年までの圃場に加え作付面積を増やし、そ...

記事を読む

作付け1ヘクタールへ 越河

作付け1ヘクタールへ 越河

5月の陽気に地区全体を見ても田植えが早かった越河地区。プロジェクト3年目の重雄さん、昨年までの作付面積から圃場を拡大し、約1.1ヘクター...

記事を読む

田植えのタイミング 大平

田植えのタイミング 大平

5月下旬、雨を避けるようにスケジュールを組んで作業の段取りをしていた贇(ただし)さん。ここまで順調に作業が進んだと、夕方前のもう一仕事に...

記事を読む

親子三代 果樹と共につなぐ米づくり

親子三代 果樹と共につなぐ米づくり

蔵王連峰の雪解けを間近に見る福岡長袋、木須さん一家の田植えも後半となった。良く晴れた5月下旬、田植えを終えた辺り一帯は若苗がそよぎ、畦を...

記事を読む

和牛育つ原風景 新たな栽培への取り組み  

和牛育つ原風景 新たな栽培への取り組み  

木々や山影が澄んだ水田に季節を伝える5月中旬。水鏡は農作業の一区切りを知らせるように、朝な夕なに表情を変え、穏やかな薫風が若苗を揺らす。...

記事を読む