10月 稲刈り 福岡

_MG_0147

蔵王連峰の色づきが麓からも見える季節、時折吹き下す風も少し冷たい10月に入った。白石・福岡の水田も一面黄金色を増し、あちらこちらで機械が静かに音を鳴らす。9月末から他品種の稲刈りに着手した健一さん、今日はササニシキのつなぎ姿でコンバインを動かしていた。

_MG_0231

IMG_0160

夏の長雨で伸びた稲を気にかけていた。先の台風で全く影響がなかったわけではない。蓋を開ければ、天候不良で収量が減ったことも仕方ない。ササニシキは収量は少なく、質を高めたいと生産者たちが言うように、その食味が一番の気がかりである。コンバインは昨年よりも稲を刈り取ってから、籾を排出するトラックに戻るのがわかった。

旨い米を作りたいという健一さんの思いは、地道に作業する姿や、天候不良と言えども綺麗に仕上がった籾の様子から伝わってくる。「好きだからできるんだよ」作業が連日朝から晩まで続く秋、それでも前向きな健一さんのような生産者がいるからこそ、手のかかるササニシキを届けられる。

_MG_0200

_MG_0223

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

山形県真室川町開催「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」へ出品

山形県真室川町開催「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」へ出品

11月25日(土)・26日(日)の2日間、山形県真室川町にて「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」が開催され、生産者4...

記事を読む

平成29年新嘗祭 白石神明社にて

平成29年新嘗祭 白石神明社にて

現在「勤労感謝の日」として定着した11月23日は、本来秋の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭日。いにしえの飛鳥時代からと一説あり、...

記事を読む

晩秋の越河 棒がけの風景

晩秋の越河 棒がけの風景

暦の上では立冬の11月。白石・越河、重雄さんのササニシキの棒がけ作業が終わり、冷たい晩秋の風吹く中、美味しい新米が待ち遠しい光景が広がっ...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀 大平

自然乾燥米の脱穀 大平

11月初旬、南寄りの冷たい風が吹き、脱穀作業には好天。10月初旬に棒がけした白石・大平のササニシキも順調に乾き、作業にはいい日だと相棒の...

記事を読む

10月下旬 稲刈り 越河

10月下旬 稲刈り 越河

例年ならほとんどの水田で稲刈りを終えた光景が広がる10月下旬。市内にはまだ刈り取られていない圃場が随分と残っていた。夏の天候不良...

記事を読む