4月上旬 播種にむけて

1704 温湯消毒01

桜の蕾もまだ硬く閉じた4月初旬、種籾を育苗箱に蒔く前の作業が行われていた。晩期栽培のササニシキ、田植えは5月下旬頃。それまでに生産者は何百、何千枚もの育苗箱で種籾をより丈夫な苗に育てていく。

1704 温湯消毒04

種籾には病気の原因となるカビや細菌が付着していることがある。そのため、種まきの前に消毒することで苗のリスクを減らす作業。この20数年「温湯消毒」をしてきた贇(ただし)さん、問題なくここまできたと言う。ネットに袋詰めした種籾を60度のお湯に10分浸し、手早く冷水へ。湧き出る地下水をかけ流し浸すと、たちまち水が透き通っていく。ササニシキの「水づけ」の積算水温は100度。まだ肌寒いこの時期、水温が一定した地下水を調整管理しながら、種籾の催芽を促す。

豊富な地下水の恩恵を受けて、米づくりの作業が進んでいく。作業場には山積みの育苗箱、プロジェクトの生産者は多い人でゆうに5,000枚を超える。待ったなしの地道な作業、いよいよ繁忙期を迎える。

1704 温湯消毒03

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

8月下旬 生育状況〈越河〉

8月下旬 生育状況〈越河〉

2017.08 越河・中河原 8月最後の日、越河も久しぶりに青空が顔を出しました。この夏の日照不足の解消に期待したい後半戦、八...

記事を読む

8月 天候不順の中での生育調査

8月 天候不順の中での生育調査

7月下旬以降、ひっきりなしに雨の日が続く。宮城を含む東北の太平洋側も、1ヶ月に渡る日照不足と長雨の影響によって、今年の出来を不安視する声...

記事を読む

8月中旬〜下旬 生育状況〈福岡・大平〉

8月中旬〜下旬 生育状況〈福岡・大平〉

2017.08 福岡・南部山 2017.08 大平・八ツ森前

記事を読む

7月下旬 全圃場の生育調査

7月下旬 全圃場の生育調査

5月の田植えから2ヶ月余り、この日は出穂目前の生育調査。竹定規、葉色板、計算機を片手に、全員で全圃場を巡回する。各圃場に着くなり、田んぼ...

記事を読む

日々の管理 白川にて

日々の管理 白川にて

梅雨明けぬ7月下旬、晴れた日は蔵王連峰が望める白川内親も、この季節特有の厚い雨雲に覆われていた。今年は田んぼの乾き具合から溝切りを見送り...

記事を読む