好きだからできる米づくり

IMG_0060

4月下旬、「原に上っていくからさぁ」と健一さんの電話。潤沢な土壌ながら水はけの悪さに悩むという圃場にやっと機械を入れていた。ぬかるむ様子はトラクターの動きでわかる。しかしながらこの土地の米もまた旨いと定評がある。

背中には今日も「白石ササニシキ」の文字。朝から晩まで作業する米づくり、話し出せば多少嘆きながらも、笑いながら持ち前の愛嬌で上を向く健一さんだ。プロジェクトでは率直に意見し、力になろうと盛り上げる。「好きだからできるんだよ」いつか言っていた思い、寡黙に仕事する生産者の背中にいつも見える。

IMG_0007

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

ササニシキの稲藁 新春の門松に

ササニシキの稲藁 新春の門松に

ササニシキの棒がけで出た稲藁は、年の瀬、新年の門松に。門松作りに追われる京苑さん(宮城県蔵王町宮)にて白石神明社さんによるご祈祷を受け、...

記事を読む

栽培講習会 平成29年生産の振り返りと来期に向け

栽培講習会 平成29年生産の振り返りと来期に向け

 秋の繁忙期から一息ついた12月、大河原農業改良普及センター指導員の齋藤さんを迎え、平成29年の米づくりを振り返る。冒頭、秋から冬にかけての土作...

記事を読む

山形県真室川町開催「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」へ出品

山形県真室川町開催「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」へ出品

11月25日(土)・26日(日)の2日間、山形県真室川町にて「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」が開催され、生産者4...

記事を読む

平成29年新嘗祭 白石神明社にて

平成29年新嘗祭 白石神明社にて

現在「勤労感謝の日」として定着した11月23日は、本来秋の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭日。いにしえの飛鳥時代からと一説あり、...

記事を読む

晩秋の越河 棒がけの風景

晩秋の越河 棒がけの風景

暦の上では立冬の11月。白石・越河、重雄さんのササニシキの棒がけ作業が終わり、冷たい晩秋の風吹く中、美味しい新米が待ち遠しい光景が広がっ...

記事を読む