ササニシキの作付面積 3.5haから6.4haへ

201703 ミーティング

3月下旬のミーティング、6人の生産者が集まった。平成29年の作業に向け動き出したプロジェクト、新たに加わった2人も、米づくりに長けた生産者だ。2期目の今年、苗床用の床土やそれぞれの圃場で使用する肥料についても、出来る限りの統一を模索する。作付面積は3.5haから6.4haへ拡大。販売続行中の平成28年産ササニシキの売り上げ状況を確認しながら、昨年以上の販売促進が必要となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

8月下旬 生育状況〈越河〉

8月下旬 生育状況〈越河〉

2017.08 越河・中河原 8月最後の日、越河も久しぶりに青空が顔を出しました。この夏の日照不足の解消に期待したい後半戦、八...

記事を読む

8月 天候不順の中での生育調査

8月 天候不順の中での生育調査

7月下旬以降、ひっきりなしに雨の日が続く。宮城を含む東北の太平洋側も、1ヶ月に渡る日照不足と長雨の影響によって、今年の出来を不安視する声...

記事を読む

8月中旬〜下旬 生育状況〈福岡・大平〉

8月中旬〜下旬 生育状況〈福岡・大平〉

2017.08 福岡・南部山 2017.08 大平・八ツ森前

記事を読む

7月下旬 全圃場の生育調査

7月下旬 全圃場の生育調査

5月の田植えから2ヶ月余り、この日は出穂目前の生育調査。竹定規、葉色板、計算機を片手に、全員で全圃場を巡回する。各圃場に着くなり、田んぼ...

記事を読む

日々の管理 白川にて

日々の管理 白川にて

梅雨明けぬ7月下旬、晴れた日は蔵王連峰が望める白川内親も、この季節特有の厚い雨雲に覆われていた。今年は田んぼの乾き具合から溝切りを見送り...

記事を読む