ササニシキの作付面積 3.5haから6.4haへ

201703 ミーティング

3月下旬のミーティング、6人の生産者が集まった。平成29年の作業に向け動き出したプロジェクト、新たに加わった2人も、米づくりに長けた生産者だ。2期目の今年、苗床用の床土やそれぞれの圃場で使用する肥料についても、出来る限りの統一を模索する。作付面積は3.5haから6.4haへ拡大。販売続行中の平成28年産ササニシキの売り上げ状況を確認しながら、昨年以上の販売促進が必要となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします