ササニシキの作付面積 3.5haから6.4haへ

201703 ミーティング

3月下旬のミーティング、6人の生産者が集まった。平成29年の作業に向け動き出したプロジェクト、新たに加わった2人も、米づくりに長けた生産者だ。2期目の今年、苗床用の床土やそれぞれの圃場で使用する肥料についても、出来る限りの統一を模索する。作付面積は3.5haから6.4haへ拡大。販売続行中の平成28年産ササニシキの売り上げ状況を確認しながら、昨年以上の販売促進が必要となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

晩秋の越河 棒がけの風景

晩秋の越河 棒がけの風景

暦の上では立冬の11月。白石・越河、重雄さんのササニシキの棒がけ作業が終わり、冷たい晩秋の風吹く中、美味しい新米が待ち遠しい光景が広がっ...

記事を読む

自然乾燥米の脱穀 大平

自然乾燥米の脱穀 大平

11月初旬、南寄りの冷たい風が吹き、脱穀作業には好天。10月初旬に棒がけした白石・大平のササニシキも順調に乾き、作業にはいい日だと相棒の...

記事を読む

10月下旬 稲刈り 越河

10月下旬 稲刈り 越河

例年ならほとんどの水田で稲刈りを終えた光景が広がる10月下旬。市内にはまだ刈り取られていない圃場が随分と残っていた。夏の天候不良...

記事を読む

10月 稲刈り 白川/大平

10月 稲刈り 白川/大平

2017.10 白川 10月上旬、同じ地区内では稲刈りも終盤となり、昨年同様約50アールの水田にコンバインを入れた良夫さん。夏の長雨と...

記事を読む

鬼小十郎まつりにて平成29年産新米先行発売

鬼小十郎まつりにて平成29年産新米先行発売

雨の中スタートした白石城での試食販売会。つきたて・炊きたてのササニシキ、美味しい!と好評でした。イベント限定の小十郎・幸村ラベル(2合入)はやは...

記事を読む