ササニシキの作付面積 3.5haから6.4haへ

201703 ミーティング

3月下旬のミーティング、6人の生産者が集まった。平成29年の作業に向け動き出したプロジェクト、新たに加わった2人も、米づくりに長けた生産者だ。2期目の今年、苗床用の床土やそれぞれの圃場で使用する肥料についても、出来る限りの統一を模索する。作付面積は3.5haから6.4haへ拡大。販売続行中の平成28年産ササニシキの売り上げ状況を確認しながら、昨年以上の販売促進が必要となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

ササニシキの稲藁 新春の門松に

ササニシキの稲藁 新春の門松に

ササニシキの棒がけで出た稲藁は、年の瀬、新年の門松に。門松作りに追われる京苑さん(宮城県蔵王町宮)にて白石神明社さんによるご祈祷を受け、...

記事を読む

栽培講習会 平成29年生産の振り返りと来期に向け

栽培講習会 平成29年生産の振り返りと来期に向け

 秋の繁忙期から一息ついた12月、大河原農業改良普及センター指導員の齋藤さんを迎え、平成29年の米づくりを振り返る。冒頭、秋から冬にかけての土作...

記事を読む

山形県真室川町開催「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」へ出品

山形県真室川町開催「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」へ出品

11月25日(土)・26日(日)の2日間、山形県真室川町にて「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」が開催され、生産者4...

記事を読む

平成29年新嘗祭 白石神明社にて

平成29年新嘗祭 白石神明社にて

現在「勤労感謝の日」として定着した11月23日は、本来秋の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭日。いにしえの飛鳥時代からと一説あり、...

記事を読む

晩秋の越河 棒がけの風景

晩秋の越河 棒がけの風景

暦の上では立冬の11月。白石・越河、重雄さんのササニシキの棒がけ作業が終わり、冷たい晩秋の風吹く中、美味しい新米が待ち遠しい光景が広がっ...

記事を読む