銘柄米の食味を知る

img_0021

12月初旬、市内の認定農業者が集まる機会に伺った。市内の認定農業者は10数人、野菜、果樹、米などを栽培する専業農家がほとんどである。今回は、昨年に続き全国各地の銘柄米を集め、その食味を知る検討会。全国8つの地域の米が炊き上げられた。

img_0011

img_0008

用意された銘柄米は、「ななつぼし(北海道)」「銀河のしずく(岩手県)」「ささ結び(宮城県・大崎)」「コシヒカリ(新潟県・南魚沼産)」「とちぎの星(栃木県)」「みずかがみ(滋賀県)」「森のくまさん(熊本県)」の7銘柄。地元白石で生産した米プロジェクトの「ササニシキ」も用意された。

米のおいしさである「食味」は、そのつややてり、噛んだ時の無音、香り(風味)、甘み、粘りや弾力など、人の五感に働きかける。品種によって気候、土壌、栽培も異なり、収穫後の貯蔵や精米、炊飯によっても全く同じにはならない。口に入れる人の五感それぞれも違う中で、一概に「これがおいしい」「これはちょっと……」そう判断できないからこそ、全国各地の米の特長や味を知ることは興味深い。

技術をつぎ込み、新たに誕生する品種に対しても非常に明るく、アンテナを張った生産者が多い。出来上がった味の個性も敏感に感じ取る農産物のプロたち、8種類の米を食しながら、味、粘り、硬さ、香りそれぞれを評価し、思い思いの感想を書き留めていた。

img_0016

米プロジェクトの生産者からは鈴木さん(手前)と村上さん(奥)、奥様たちも参加した

img_0022

つや、香りもじっくり確認する参加者たち

img_0023

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

ふるさとの味を伝えるお惣菜店「ごっつぉうさん」 特製ササニシキのお花見弁当

ふるさとの味を伝えるお惣菜店「ごっつぉうさん」 特製ササニシキのお花見弁当

大河原町末広の「ふるさとの味を伝えるお惣菜店 ごっつぉうさん」に、郷土のお母さんの味がぎっしり詰まった「お花見弁当」が今年も登場...

記事を読む

1.8ha栽培へ意欲 福岡蔵本にて

1.8ha栽培へ意欲 福岡蔵本にて

連日の陽気で市の中心部では桜が見頃の3月下旬。標高の高い福岡蔵本は体感温度も低く、冷たい風吹く中山桜が咲き始める。圃場の整備に追われる健...

記事を読む

春 息子と走り出した米作り

春 息子と走り出した米作り

いつもより早い桜の開花に、急かされるように農作業を始めた生産者たち。大平・八ツ森の水田に、息子さんと作業する贇(ただし)さんの姿があった。空の霞...

記事を読む

土壌分析を経ていよいよ平成30年の米作りへ

土壌分析を経ていよいよ平成30年の米作りへ

冬場、各圃場の土が回収され、成分の解析が行われた。栽培に手間がかかる繊細なササニシキにとって、土壌の成分はダイレクトに反映されやすいとい...

記事を読む

東北3県の銘柄米 食味検討会

東北3県の銘柄米 食味検討会

春の繁忙期を前に集まった市内の認定農業者たち。昨年に引き続き、銘柄米の食味検討会が開かれた。今年は岩手、宮城、山形3県が推す銘柄米7種。岩手から...

記事を読む