平成28年産ササニシキを奉納 11月23日白石神明社「新嘗祭」

img_0030

暦の上では「小雪」の季節を迎え、寒さ増し雪の便りも届きはじめる11月23日。現在「勤労感謝の日」として知られるこの日は、本来秋の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭日でもあります。一説には飛鳥時代からと、古くから人々が穀物を捧げ、農作物の恩恵に感謝した祭り。生産者が病気や怪我もなく、無事収穫できた白石産のササニシキを天地の神様にと、白石市益岡町の白石神明社さんの新嘗祭に参列しました。

それぞれ違う地域に住み、それぞれの氏神様を祀る生産者。今年スタートしたプロジェクトもなんとかここまで漕ぎ着け、「宮城白石産ササニシキ復活プロジェクト」として、一年の五穀豊穣と安全に感謝する機会を得たいとこの日を迎えました。氏子の皆さん、市内の生産農家さんと一緒に、度重なる台風と長雨にも耐えたササニシキを奉納しました。

img_0044

生産者を代表して、佐藤良夫さんと鈴木健一さんが参列。白石神明社禰宜の佐藤文比古様と

img_0058

img_0064-1

新嘗祭には市内の野菜や果樹の生産者さんも

img_0076

晩秋の境内。今年もあと1か月、これから新年を迎える準備がはじまる

img_0083

【白石神明社さんのご紹介はこちら】

神事と米【白石市益岡町 白石神明社さんを訪ねて】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

最新記事

7月末 全圃場の生育調査

7月末 全圃場の生育調査

5月の田植えから2ヶ月余り、この日は出穂目前の生育調査。竹定規、葉色板、計算機を片手に、全員で全圃場を巡回する。各圃場に着くなり、田んぼ...

記事を読む

日々の管理 白川にて

日々の管理 白川にて

梅雨明けぬ7月下旬、晴れた日は蔵王連峰が望める白川内親も、この季節特有の厚い雨雲に覆われていた。今年は田んぼの乾き具合から溝切りを見送り...

記事を読む

溝切り 福岡にて

溝切り 福岡にて

梅雨の最中、連日30度とうだる暑さの7月中旬、福岡の健一さんは汗だくで溝切り作業をしていた。潤沢な福岡の圃場も、この1ヶ月で驚くほど苗が...

記事を読む

日々の管理 大平にて

日々の管理 大平にて

夏を目前に連日30度を超える7月、贇(ただし)さんが溝切り作業を始めた。先月の生育調査から1ヶ月も経たない時期、分げつ期の苗が一気に成長...

記事を読む

夫婦でつなぐ家業の米づくり

夫婦でつなぐ家業の米づくり

6月下旬、斎川の畦に若い夫婦の姿があった。1回目の草刈りを終えた圃場はすでに草も伸び、そろそろ2回目の作業に入る。溝切り作業を手伝うとい...

記事を読む