平成28年産ササニシキを奉納 11月23日白石神明社「新嘗祭」

img_0030

暦の上では「小雪」の季節を迎え、寒さ増し雪の便りも届きはじめる11月23日。現在「勤労感謝の日」として知られるこの日は、本来秋の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭日でもあります。一説には飛鳥時代からと、古くから人々が穀物を捧げ、農作物の恩恵に感謝した祭り。生産者が病気や怪我もなく、無事収穫できた白石産のササニシキを天地の神様にと、白石市益岡町の白石神明社さんの新嘗祭に参列しました。

それぞれ違う地域に住み、それぞれの氏神様を祀る生産者。今年スタートしたプロジェクトもなんとかここまで漕ぎ着け、「宮城白石産ササニシキ復活プロジェクト」として、一年の五穀豊穣と安全に感謝する機会を得たいとこの日を迎えました。氏子の皆さん、市内の生産農家さんと一緒に、度重なる台風と長雨にも耐えたササニシキを奉納しました。

img_0044

生産者を代表して、佐藤良夫さんと鈴木健一さんが参列。白石神明社禰宜の佐藤文比古様と

img_0058

img_0064-1

新嘗祭には市内の野菜や果樹の生産者さんも

img_0076

晩秋の境内。今年もあと1か月、これから新年を迎える準備がはじまる

img_0083

【白石神明社さんのご紹介はこちら】

神事と米【白石市益岡町 白石神明社さんを訪ねて】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします